2018年01月26日

税務手続の基本的な理解

1.確定申告とは 

確定申告とは、所得税・法人税・消費税等に関する申告手続き及び納付すべき税額を確定する税務手続きをさします。

  1. 所得税(個人が、その年1月1日から12月31日までの暦年を課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や保険料、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること)
  2. 法人税(法人が、定款に定められた事業年度を課税期間として、その期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること)
  3. 消費税(課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

2.法人の確定申告について

法人で確定申告をしなければならない税金には、法人税、法人住民税(都道府県税・市区町村税)、法人事業税、消費税があります。
また、法人の税務手続として他に、源泉税や固定資産税等の対応もあります。
確定申告は、原則、事業年度終了の日の翌日から2か月以内に申告する必要があり、法人税・法人住民税・法人事業税については、一定の場合に申請による申告期限の延長が可能ですが、消費税については申告期限の延長はできません。

3.法人の確定申告における留意点

法人の確定申告では、法人税と消費税の申告に加え、法人住民税や法人事業税の申告など、税目が多くなるため確定申告の手続きは煩雑であり、また、財務諸表や勘定科目内訳書、各種別表など相当量の帳票の提出が必要となります。
期限内に申告をしないと、「無申告加算税」や「延滞税」など、ペナルティがあるので期限内に確定申告することが重要となります。
なお、資本金1億円以下の中小企業などには、法人税においては軽減税率や交際費の損金算入などの中小企業優遇税制、消費税においては免税事業者制度や簡易課税制度など、税制面での優遇措置が多数用意されていますので、これらの制度を有効活用していくことが重要となります。

4.会社設立時の届出

会社設立において設立登記手続きで終わりではなく、設立後も税務関係の手続きがあり、主に税務署で行いますが、地方税に関しては自治体への届け出が必要となります。

①税務署への届出

「法人設立届出書」の他、必要に応じて「青色申告の承認申請書」、「給与支払い事務所等の開設届出書」、「源泉徴収税の納期の特例の承認に関する申請書」、「棚卸資産の評価方法の届出書」、「減価償却資産の償却方法の届出書」を提出します。

②自治体(都道府県、市区町村)への届出

「法人設立届出書」を提出します。

5.その他

必用に応じて税務署への届出が必要な場面が以外に多くあります。新たなことを始める場合、あるいは元々届出ていた内容を変更する場合等、よくよく税理士等の専門家に助言を求め漏れのないよう進めていく必要があります。

税金・確定申告・届出の相談事例

2019年11月26日 10時03分(匿名さんの相談)

もともとは当社関係者であった者が独立し、引き続き当社の仕事を一部手伝ってもらっています。この場合の勘定科目としては、業務委託費として処理すればいいでしょうか。あるいは、外注費として処理した方がいいのでしょうか。消費税は発生するのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年11月13日 07時22分(T.Kさんの相談)

会社の設立を検討をしていますが、株式会社にするか、合同会社にするか悩んでいます。会社の設立費用面では合同会社の方が安く仕上がりそうですが、税金上の取り扱いの違いがでてくるのかよくわかりません。ご助言を頂ければありがたく存じます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年11月09日 14時07分(匿名さんの相談)

今年後半よりかなり利益がでてきました。役員報酬の増額を検討したいのですが、増額すると定期同額給与という金額から逸脱してしまうと聞きました。役員報酬を増額するための手法は何か御座いますか。

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2019年11月04日 15時16分(匿名さんの相談)

不動産収入を目的に土地を購入してそこに建物を建てて賃貸する方法と、土地を借りてそこに建物を建てて賃貸する方法の2つの案があります。土地の購入は消費税がかからないのは存じ上げますが、土地を借りる場合には消費税はかかりますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年10月07日 13時39分(DJさんの相談)

決算も、税理士先生にお願いはしませんでした。最近気づいたのですが、「売掛金」として表示するところを「未入金」と記載してしまいました。どうすればいいかアドバイスをお願いできませんでしょうか・・

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

税金・確定申告・届出の相談回答で最近ベストアンサーを獲得

税理士
埼玉県
さいたま市浦和区の30代税理士!クラウド会計を活用し、経理効率化を推進します!
数多くの税理士事務所の中から、小幡税理士事務所のページをご覧いただきましてありがとうございます。突然ですが、みなさんはどういった基準で...
公認会計士
税理士
宅地建物取引士
東京都
中小企業から大企業まで組織力による幅広いサポートが可能です。
2010年に独立後、これまでに中小企業から大企業まで幅広い業務を提供して参りました。弊社は業務範囲を明確にすることや、不要なサービスを削減す...
公認会計士
税理士
東京都
スタートアップ企業様、外資系企業様に強い公認会計士・税理士事務所です。
大手監査法人で約9年、税理士法人で約2年の実務経験を積んだ後、平成30年5月に佐藤賢公認会計士事務所を開業し、平成30年7月に税理士登録しました。大...
公認会計士
税理士
ITコンサルタント
東京都
ITを駆使して、あなたのビジネスに伴走いたします。
ITに非常に強い公認会計士・税理士です。ビジネスにおいてITをより活用することによってあなたのビジネスを効率よくすることができます。
東京都 大田区田園調布2−9−5
経営コンサルタント
東京都
経営者、CFO、経営企画へのサポートが可能です
投資ファンド投資先(民事再生法適用会社)での企業再生業務、投資ファンド投資先(売上2兆円規模の上場企業)における経営企画業務、投資ファンド...