2018年01月29日

税務調査における留意点

1.税務調査とは 

税務調査とは、まず所得税・法人税・相続税を始めとする国税の多くでは、納税者自身が管轄の税務署へ所得などの申告を行い税額を確定させて、この税額を自ら納付する申告納税制度が採られていますが、自ら申告する以上、その内容や税額に誤りが生じたり、悪質な納税者による虚偽の申告により不当に納税を免れられる恐れがあるために、税務署のような国税庁管轄下の組織が、納税者による税務申告の内容が正しいかを調査するものをさします。その税務調査の調査方式には、「任意調査」と「強制調査」の2通りがあります。 

①「任意調査」 

任意調査は、国税局調査部・管轄税務署の調査官などにより、納税者の同意のもとで行われる調査となります。一般的に行われる税務調査の殆どが任意調査でありますが、任意調査であるものの調査官は質問検査権を有しており、この質問に対して黙秘をしたり虚偽の返答を行った場合には、罰則規定があるので注意が必要となります。 

②「強制調査」 

強制調査は、一般的に「マルサ」という名前で知られる国税局査察部が、脱税の疑いがある納税者に対し、裁判所の令状に基づき強制的に行う調査となります。納税者はこの調査を拒否することができません。

2.税務調査における調査ポイント 

税務調査の対象となる期間は基本的に過去5年分となります。また、調査官により悪質と判断された場合には、過去7年までが調査対象となります。税務調査で指摘される課税漏れの原因は、主に「売上除外」、「棚卸除外」、「経費の仮装」などに集約されます。これらの課税漏れに対して、隠蔽又は仮装があったかどうかを判断することが、調査のポイントであり、申告に当たって隠蔽又は仮装が行われた事実が判明した場合には、国税通則法に定める重加算税の対象となります。 

<主な調査項目>

  • 「資金の流れと管理状況」
  • 「売上繰延べ」
  • 「棚卸計上漏れ」
  • 「帳票類の整合性」
  • 「修繕費と資本的支出との区分」
  • 「代表者による不正蓄財」
  • 「人件費の管理状況(源泉徴収漏れ・架空人件費計上)」
  • 「消費税の課税仕入と非課税仕入・不課税仕入の混同」
  • 「消費税の不正還付」

など

3.税務調査への対応 

税務調査への対応として、税務調査を受ける前の段階から注意しておくことと、実際に税務調査を受けることになった場合の注意点があります。 

  1. 正しい税務申告を行うこと 
  2. 領収書のような証明となる証憑類類を取っておくこと 
  3. 調査官の質問検査権の妨害をしない(黙秘や虚偽の返答のような妨害をしない) 
  4. 税理士などの専門家に立会を依頼すること

4.税務調査の結果 

税務調査の結果、申告内容に間違いがあり、追加に納税をしなければならないとき、「修正申告」の場合には申告書を提出した日が、「更正・決定」の場合には更正通知書を発した日から1か月後の日が納期限となります。
また、加算税(過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税、重加算税)の賦課決定処分を受ける場合がほとんどであり、併せて延滞税の納付も必要となります。
青色申告の承認の取消処分を受ける場合もあります。

税務調査の相談事例

2018年08月10日 20時27分(MAXさんの相談)

立て続けの同様のタイトル質問で申し訳ありません。
仮に駐車違反の反則金を会社負担とした場合には税金的にはどのようになるのでしょうか。税務署に認められるのでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年02月10日 07時09分(匿名さんの相談)

この度初めて任意税務調査が行われます。
当社の顧問税理士は特に国税出身の方ではないのですが、税務調査にしっかりと対応してくれるのか若干不安です。。
税務調査の立会についてみなさんどうされていますでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年01月01日 19時38分(匿名さんの相談)

当社は現在上場に向け準備を行っております。その中でこの度任意の税務調査の立会要請が入りました。
任意ですので拒むことはできるのでしょうか。あるいは、実施時期をもう少し先にすることはできるのでしょうか。
今色々と指摘を受けて会計処理等に影響があると大変に事務が煩雑になってしまうので、少し落ち着いてからの調査を希望しています。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答

税務調査の相談回答で最近ベストアンサーを獲得

税理士
経営コンサルタント
大阪府
24年余メガバンクに勤務、税理士業務も出来る経営コンサルタントです。
24年間のメガバンク勤務と5年間の事業会社への経営再建出向の経験をベースに、会計・税務といった税理士業務に関わらず幅広く中小企業経営のサポートを行っ...