2018年03月05日

公認会計士/監査法人とは

1.公認会計士とは

公認会計士とは、会計監査を独占業務とする会計のプロフェッショナルであり、監査業務以外に、会計業務・コンサルティング業務を行っており、税理士登録をした場合、税務業務も行うことができます。
主に監査法人や会計事務所で働くことが多いですが、一般事業会社で「企業内会計士」として勤務するほか、コンサルティング会社や官公庁などにも勤務しており、業務内容は幅広いものとなります。
また、不正会計事件などでは、第三者による調査依頼を受けることもあります。公認会計士として登録している方が全国に30,316人います(2017年12月31日現在)。

2.監査法人とは

監査法人とは、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士法によって、公認会計士が共同して設立した法人をさします。
また、監査法人のうち、一定の財務要件や情報公開義務等を満たしている場合には、損害賠償責任額をその出資の額を上限とすることができる「有限責任監査法人」となることが認められています。
監査法人の業務の範囲は大きく、①監査又は証明業務、②コンサルティング業務他に分けられ、独立性保持の観点から詳細な規制が存在しております。

①監査又は証明業務

  • 金融商品取引法監査(上場企業などに対して行う監査)
  • 会社法監査(会社法上の大会社などに対しして行う監査)
  • その他に、学校法人監査、医療法人監査、社会福祉法人監査など

②コンサルティング業務他

  • 株式公開(IPO)支援業務
  • M&A支援業務(被買収企業の財務諸表の調査など)
  • 特定目的の調査(技術援助契約のロイヤルティ調査など)
  • 原価管理体制の構築支援業務
  • 決算早期化支援業務

3.主なプレイヤー

日本国内においては、①大手監査法人、②準大手監査法人など含め全国に227法人存在します(2017年12月31日現在)。

①大手監査法人

  • 新日本有限責任監査法人(アーンスト&ヤング(EY)と提携)
  • 有限責任監査法人トーマツ(デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)と提携)
  • 有限責任あずさ監査法人(KPMGと提携)
  • PwCあらた有限責任監査法人(プライスウォーターハウスクーパース(PwC)と提携)

②準大手監査法人

  • 太陽有限責任監査法人(グラントソントン・インターナショナルと提携)
  • 優成監査法人(クロウ・ホーワス・インターナショナルと提携)
  • 東陽監査法人(BDOインターナショナルと提携)
  • 三優監査法人(BDOインターナショナルと提携)
  • PwC京都監査法人(プライスウォーターハウスクーパース(PwC)と提携)

公認会計士・監査法人の相談事例

2019年03月04日 21時54分(Askさんの相談)

今年度に設備資金の必要性から増資を予定しています。現在資本金は1億円ですがこの増資により資本金が5億円以上となり大会社になってしまいます。いわゆる大会社監査(会計監査人)が必要になると聞いていますが、仮に増資後、早々に減資を行い資本金を1億円にした場合には大会社監査は回避できますか?アドバイスをお願いします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年02月17日 09時31分(むーんさんの相談)

私は青色中小企業者の管理部門に所属しています。申告対象となる減価償却資産について少し混乱しているのでご指導いただきたいです。

【前提】
当社は10万以上20万円未満の減価償却資産は原則3年償却(一括減価償却)しています。他方、一部の30万円未満、かつ、10万円~20万未満の工具器具備品については例外的に少額減価償却資産として一時に損金処理しているものもあります。

【ご質問】...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年02月22日 13時19分(A.Wさんの相談)

退職金規定の導入を考えています。従業員のモチベーションや採用にあたってポジティブに働くものと現時点では思慮しています。ただ退職金規定を導入することによる退職給付引当金の計上について懸念していて(利益が下がる)、退職給付引当金を計上しなくてもいいような施策はないものでしょうか?税金上も損金に落ちないため引当計上はメリットを感じません。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年12月21日 09時28分(匿名さんの相談)

起業にあたって、税務署に届出書類の提出が必要になろうかと存じます。青色申告の申請を行う予定です。青色申告で必須の複式簿記ですが、これは簿記3級ぐらいを理解しておけば何とか乗り切れるものなのでしょうか。起業直後は運転資金もそれ程ないため、当面、経理関係は自分で行う予定ですが、何分経理素人のため、複式簿記に不安を感じています。アドバイスを頂戴できますと幸いでございます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月06日 08時23分(匿名さんの相談)

特別清算開始の要件に「債務超過の疑い」とありますが、この疑いを検証するために必要な手続は何か必要でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

公認会計士・監査法人の相談回答で最近ベストアンサーを獲得

公認会計士
税理士
宅地建物取引士
東京都
中小企業から大企業まで組織力による幅広いサポートが可能です。
2010年に独立後、これまでに中小企業から大企業まで幅広い業務を提供して参りました。弊社は業務範囲を明確にすることや、不要なサービスを削減す...
中小企業診断士
東京都
弁護士と連携し、「事業の発展に向けたアドバイスが出来る」法律顧問業務を提供してまいります。
法律問題における弁護士のサポート・事務所の経営分析や決算作業等の総務全般を主な業務としていますが、法律顧問をご依頼いただいているお客様に対しては顧問...
東京都 台東区台東1-38-9
公認会計士
税理士
ITコンサルタント
東京都
ITを駆使して、あなたのビジネスに伴走いたします。
ITに非常に強い公認会計士・税理士です。ビジネスにおいてITをより活用することによってあなたのビジネスを効率よくすることができます。
東京都 大田区田園調布2−9−5
公認会計士
税理士