2018年03月15日

決算早期化/月次決算早期化の重要性

1.決算(月次決算)早期化とは

近年、事業環境は日々激しく変化していて、現代の企業経営にはスピードが求められており、そのスピードを上げるために重要な要素となる経営層の意思決定には、実行中の戦略や施策の妥当性を確認するための業績確認が必須となります。
そのようなタイムリーな経営判断を行うためには、できるだけ早く、経営層へ業績が報告されることが重要となり、それには経理財務部門による数値確定を早めること、つまり「決算(月次決算)の早期化」が重要なポイントとなってきています。
「決算早期化」に関する課題として、経営意思決定の迅速化、コスト削減、経理財務部門の高付加価値化といった内的課題や、金融商品取引法の開示要請への対応、東証からの開示要請への対応、IFRS採用といった外的課題などが挙げられます。
「月次決算早期化」は、「年次決算」とは異なり、やるやらないは企業の裁量に任され後回しにされがちです。特に上場企業でなければ、決算開示早期化に関する外部からの要請が少ないだけに、一度組み立てた月次決算早期化体制を維持していくことが難しいこともしばしばあります。
通常、大手企業や上場会社であれば翌月10営業日以内に「月次決算」を完了する場合が多いですが、中小企業では翌月或いは翌々月までかかってしまう場合も珍しくありません。

2.決算(月次決算)早期化の効果

経営者が様々な意思決定をするには、過去の戦略や施策の妥当性を確認するための業績報告が必要となり、業績が少しでも早く報告されることが非常に重要となります。
決算(月次決算)早期化は、経理財務部門の業務の効率化にも最終的には寄与するため、経理財務部門の工数に余裕が出てきます。
その余裕時間を有効に活用することにより、付加価値の高い意見発信や現場部門のサポートをしていくことが可能となり、適時・適切な経営意思決定への支援を実現することにより、企業価値の向上にもつなげることができます。
金融商品取引法や東証においては正式な決算報告を45日以内での開示が求められており、一定のスピード感をもった適正な開示が必要となっていてます。
また、IFRS(国際財務報告基準)については、日本国内での任意適用の要件が緩和され、適用を目指す会社が増えてきています。
IFRSの適用を行う場合には、連結決算日と子会社の決算日について、日本基準のような3か月の期ずれを容認する規定がないので、原則として全ての子会社の決算日を合わせる必要があります。
こうしたことから、子会社の「決算早期化」に取り組んでいる事例が増えていて、一方、子会社の側でも連結パッケージの提出期限が早まるケースが増えており、「決算早期化」への取り組みが増えています。
こうした取り組みを適切に行うことで、投資家からの信頼を獲得していくことが可能となります。
「月次決算早期化」においても、現状把握が早くなることでタイムリーな経営判断が可能になり、例として、月次決算で部門ごとの好不調が明らかになれば、好調な部門に人員やリソースを投入して機会損失を防ぐことができ、不振部門は問題が深刻になる前に原因を分析して対応策を取ることが可能になります。
逆に、月次決算が遅れれば実態把握が遅れ、問題の放置につながってしまうことにもなります。また、タイムリーに損益を把握していることは、金融機関の評価も高く、与信判断時には好材料となります。

3.決算(月次決算)早期化におけるポイント

  1. 「経理財務部門単独のプロジェクトとはしないこと」であり、関連部署や上流部門の協力や当該部署における業務プロセスの見直しが必要となる場合も多くあり、「決算早期化」プロジェクトを経理財務部門単独ではなく、全社を挙げてのプロジェクトと位置付け、経営者からの適切な指示の下スタートさせることが重要となります。
  2. 「地道な作業の積み重ねであるということ」であり、早期化を阻害する様々な課題に対して、どのような解決策が一番効果的なのか、ひとつひとつ紐解いていく作業が必要となります。「決算早期化」に特効薬はなく、解決策はそれぞれの会社ごと組織ごとに異なる場合も多くあります。

4.まとめ

決算(月次決算)早期化は古くて新しいテーマであり、経営者の迅速な意思決定に資するものですが、体制を作り定着させることは難しく、自社単独だけでは対応しきれないことも多いと思いますので、外部の専門家なども活用しながら決算(月次決算)早期化が上手く行える体制を作っていくことも一つの選択肢といえるでしょう。

財務会計・管理会計の相談事例

2019年06月06日 18時00分(kaoさんの相談)

脱サラをし、会社経営を始めました。資本金は当初50万円で定款の附則という項目に記載しましたが、設立登記のタイミングで、更に設立資金が必要と判断し、追加で50万円を拠出しました。この場合の50万円は「資本金」として処理するのでしょうか?あるいは「資本準備金」として処理するのでしょうか。経理知識が不足していて初歩的なご質問で恐縮ですが、どうかご教授の程よろしくお願いいたします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年06月11日 22時06分(**AI*さんの相談)

未回収債権につき支払い督促を行い、決算を迎えました。この対象債権は貸倒処理できますか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月24日 10時15分(**d*さんの相談)

セミナーを定期的に開催し、受講希望者からは向こう6か月分のセミナー受講料を収受する予定です。振込を受けたタイミングでの仕訳について、普通預金と対になる勘定科目は”前受金”でいいでしょうか。”前受収益”では、との意見があり、どちらが正しいでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月18日 11時13分(T.Kさんの相談)

一昨年度に納品した売掛金債権の回収が滞ったままです。先方は特に倒産したわけではないのですが、このまま何もせずに貸借対照表に計上しておくのも違和感があります。現在、内容証明郵便の送付を計画していますが、それをもっても支払いに応じてくれなければ取り急ぎで売掛金を損失処理しても大丈夫でしょうか。まわりに経理に詳しいメンバーがいないため教えて頂ければ幸いでございます。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月15日 17時11分(Leoさんの相談)

起業して以降特に役員報酬の支払いはしていませんでした。というか利益がでていなかったことが大きな原因です。今期は役員報酬控除前で利益が計上できそうです。ただ、その原資を使って再投資をしたいこともあり、特に役員報酬の支払いは考えたくありません。利益がでていても役員報酬の支払いをなしにしても問題ありませんか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

財務会計・管理会計の相談回答で最近ベストアンサーを獲得

公認会計士
税理士
宅地建物取引士
東京都
中小企業から大企業まで組織力による幅広いサポートが可能です。
2010年に独立後、これまでに中小企業から大企業まで幅広い業務を提供して参りました。弊社は業務範囲を明確にすることや、不要なサービスを削減す...
公認会計士
税理士
財務コンサルタント
東京都
会社が次のステージにステップアップするお手伝いをします。
クライアントの社会的信頼性を高め成長に寄与するため、会計分野にとどまらず、中期事業計画策定支援、ガバナンス向上支援なども行う社長や経理責任者の伴走/...
公認会計士
税理士
ITコンサルタント
東京都
ITを駆使して、あなたのビジネスに伴走いたします。
ITに非常に強い公認会計士・税理士です。ビジネスにおいてITをより活用することによってあなたのビジネスを効率よくすることができます。
東京都 大田区田園調布2−9−5
中小企業診断士
東京都
【STO法律事務所】弁護士と連携し、「事業の発展に向けたアドバイスが出来る」法律顧問業務を提供してまいります。
法律問題における弁護士のサポート・事務所の経営分析や決算作業等の総務全般を主な業務としていますが、法律顧問をご依頼いただいているお客様に対しては顧問...
東京都 台東区台東1-38-9
公認会計士
税理士
行政書士
東京都
法令に準拠し、誠実に対応いたします。
平成22年、公認会計士試験合格後、個人事務所等で、会社法監査・公益法人監査・学校法人監査等を経験しながら、税理士の父親のもとで税務業務を行ってきまし...