2018年01月18日

起業後の法人口座の開設

1.銀行口座の開設の必要性 

さあ、会社の設立も終わりこれからいよいよ商品を仕入、お客さんに販売していくぞ、と意気込んでいます。
ちょっと待ってください。会社の取引は日々頻繁に行われます。その都度現金決済というのはあまりにも効率も悪いですし、何より様々なリスクがあります。
ふと立ち止まって、法人の銀行口座ってどのように作ればいいのか、どの銀行がいいのか、をここでは説明いたします。

2.銀行口座開設に必要な書類 

銀行といっても、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、さらには信用金庫等様々で、各銀行によって口座開設に必要な手続は異なるとこではありますが、一般的には以下のような書類が必要となります。

  • 登記事項証明書
  • 認証済み定款
  • 印鑑登録証明書
  • 法務局届出の代表印及び印鑑証明書
  • 銀行印に使用する印鑑※
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、等)

※代表印でも口座開設は可能ですが、リスク分散の観点から代表印とは別に銀行印を用意するのが一般的です。

3.銀行口座開設に要する期間 

必要書類を銀行に提出すると、口座開設のための審査が行われ、必要に応じて銀行の窓口担当者等と事業に関するディスカッションが行われます。
審査期間は1~2週間程度で終わり口座開設が可能となります。

4.各銀行の特徴 

①都市銀行

メリット:信用力向上、利便性

都市銀行は他の銀行に比較し口座開設に伴う審査が厳しい傾向にありますので、口座開設の事実が対外的な信用力向上に繋がる可能性があります。また、都市銀行は全国にその支店を有していますので、代金決済に困ることはありません。

デメリット:手数料が高い

振込手数料が他の銀行に比較し高いため、特に設立間もない会社にとっては大きな重荷になります。

②地方銀行

メリット:審査期間が短い、地域密着

都市銀行に比較し口座開設に必要な審査期間は短い傾向にあり、比較的容易に口座開設が可能です。また、地域密着型の銀行経営をしているところがほとんどですので、新規融資等の相談をしやすい関係を構築することができます。

デメリット:不便

地域密着がゆえに取引が全国にわたる場合には資金決済等で不都合が生じます。

③ネット銀行

メリット:低コスト、利便性、審査期間が短い

実店舗を有しないがゆえに都市銀行や地方銀行に比較し振込手数料等が安いです。また、WEB明細を通じて口座残高の確認等もオフィス等にいながら行うことが可能であり、通帳記帳等の手間を削減できます。また、都市銀行に比較し審査期間も短いです。

デメリット:信用力

審査期間が短い分都市銀行に比較すると対外的な信用力は得にくいです。

5.インターネットバンキング 

現在ではネット銀行だけではなく都市銀行においてもネットバンキングサービスは一般的です。

各行のサービスの特徴をまとめてみました。


みずほ銀行
みずほビジネスWEB
三菱東京UFJ銀行
BizSTATION
三井住友銀行
パソコンバンク
web21デビュー
月額基本料
3,240円1,728円2,160円
同行同一支店内
3万円未満
無料108円108円
同行同一支店内
3万円以上

無料
324円
216円
同行内3万円未満
216円
108円216円
同行内3万円以上432円324円432円
他行宛3万円未満540円540円540円
他行宛3万円以上756円756円756円

りそな銀行
ビジネスダイレクト
Mini
ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行楽天銀行
月額基本料
2,160円無料無料無料

同行同一支店内
3万円未満
無料54円51円51円
同行同一支店内
3万円以上
無料54円51円51円
同行内3万円未満
324円54円51円51円
同行内3万円以上
324円54円51円51円
他行宛3万円未満
648円172円165円165円
他行宛3万円以上
648円270円258円258円

6.まとめ 

自社のおかれた状況を総合的に勘案しながら銀行とのお付き合いを考えていくとよいでしょう。

法人口座の相談事例

2018年12月05日 13時18分(匿名さんの相談)

先日起業しました。未だ売上高の計上には至っておりませんので経費の支払いのみの状況の中、法人用の銀行口座の開設を未だ行っておりません。経費の支払タイミングにおいては会社設立登記の際に振り込んでいる個人の銀行口座から引き落としを行っています。この状況は法律的には認められない状況でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月17日 12時57分(匿名さんの相談)

現在法人設立に向け色々と準備を進めています。事業は究極的にはパソコン一つあればできるものなので自宅(地方)作業が中心です。ただ、今後の事業の広がりを考えて都内住所を本店所在地としたいのですが、住所だけほしいので今はバーチャルオフィスでも問題ないかと思っています。ただ、問題としてバーチャルオフィスだと銀行(特に都銀)の法人口座の開設は難しい、といった情報をインターネットで見ました。
今考えて...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年02月01日 15時41分(匿名さんの相談)

よく都銀の法人口座を開設すると信用力がある会社、というふうに扱われる、という話をききますが、それって本当でしょうか。
また、都銀の法人口座開設は会社設立当初は結構難しいという話もよくききます。実際のところはどうなんでしょうか。口座維持の手数料等考えるとネット銀行でもいい気もします。
実際に会社設立した後に感じた銀行の法人口座に開設に関する印象をお聞かせ頂けないでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年02月09日 10時43分(匿名さんの相談)

設立登記申請が終わり、そろそろ履歴事項全部証明書が取得できそうです。取得後に銀行の口座を開設しようと思っています。
現在、固定電話をもっていませんし、今後も当面は持つ予定もありません。これでも口座開設可能でしょうかね??

1件の書き込み

法人口座の相談回答で最近ベストアンサーを獲得

中小企業診断士
東京都
【STO法律事務所】弁護士と連携し、「事業の発展に向けたアドバイスが出来る」法律顧問業務を提供してまいります。
法律問題における弁護士のサポート・事務所の経営分析や決算作業等の総務全般を主な業務としていますが、法律顧問をご依頼いただいているお客様に対しては顧問...
東京都 台東区台東1-38-9
税理士
経営コンサルタント
大阪府
24年余メガバンクに勤務、税理士業務も出来る経営コンサルタントです。
24年間のメガバンク勤務と5年間の事業会社への経営再建出向の経験をベースに、会計・税務といった税理士業務に関わらず幅広く中小企業経営のサポートを行っ...