種類株式(優先株式)のメリット・デメリット

匿名さんの相談
(2018年04月16日 12時56分)

資金調達手段として普通株式ではなく優先株式での出資条件が当社への出資検討企業からありました。
優先株のメリットやデメリット・リスクについてご教示頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

コメントする

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

公認会計士
税理士
みそら税理士法人(旧 廣岡会計事務所)

優先株のメリットは、議決権割合を変更せずに資金調達を行うことが出来る点と思われます。
反対にデメリットは、配当による支出額が普通株に比べて多くなる点が挙げられます。

(2018年04月18日 05時06分)

経営コンサルタント
財務コンサルタント
人事コンサルタント

優先株は、議決権を持たない代わりに、普通株よりも「配当獲得の優先権」をもつため、メリットとしては経営に関与されるリスクは低いですが、デメリットとして配当減資が普通株での調達よりも多く掛かる、という事になります。

(2018年04月18日 17時04分)

匿名(回答者)

最も大きな効果の一つは、既存株主に一義的には迷惑をかけない(希薄化しない)、ということではないでしょうかね。転換条件によってはその条件成就で大幅な希薄化が生じる可能性はありますが、その前に優先株を償還できる予定があればとっともいい資金調達手段の一つになると思います。最も優先株は当事者でかなり自由度をもって条件設定ができるはずですので、優先株の設計に詳しい専門家への相談は行っておいた方がよろしいかと思います。

(2018年04月22日 17時53分)

匿名(回答者)

優先株を発行するメリットは、株主には議決権がなく株主総会等を通じての権利行使ができず、経営に口出しされずに資本を厚くすることができることです。一方、デメリットは、配当に関して優先され、配当額も普通株よりもコストが掛かることになります。また、優先株には償還するものもあり、財源が必要になることです。

(2018年04月23日 10時01分)

この相談は、2018年04月16日 12時56分公開時点のものです。利用者の方自身の責任において、適法性・有用性を判断した上で情報をご利用下さい。
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

他にもこんな相談がされています

2018年05月06日 09時30分(匿名さんの相談)

外部からの資金調達を検討しています。その中で退職金の引当計上要否の質問を関係者より受けました。当社は中小企業で資金の余裕があまりないため、年金の運用結果で受取額が変動するいわゆる確定拠出型のタイプを利用しています。その関係者は退職金規定があるなら引当計上が必要では、とのことでしたが、どうなんでしょうか。。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 06時52分(匿名さんの相談)

新規のお客さんも徐々に増え、社内インフラの改良や新規採用をさらに積極的に行っていきたいと思っています。ただ、必要資金の調達で少し悩んでいます。。最近ではカネ余りと聞きますが、どのような調達がベストでしょうか。

3件の書き込み/ 3名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月30日 13時03分(匿名さんの相談)

大型の設備投資を計画したいと思っています。それに伴い新たな資金調達も検討しなければなりません。当社の販売先は比較的優良な先が多いですので、その売掛金を使った資金調達も一つの手段かと思っております。その中で、売掛金担保融資(いわゆるABL)と売掛債権譲渡(いわゆるファクタリング)の違いやそれぞれの有用性等について教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いします。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年07月24日 17時18分(匿名さんの相談)

これまで自己資金で事業を行ってきましたが、事業が好転せず外部資金の調達も検討しなければならない状況になりつつあります。。(創業:赤字、数年:黒字、最近:赤字連続)。他方で、当方(社長)保証は差し入れたくありません。こんな都合のいい条件で調達できる先はあるものでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月10日 12時16分(パイナップルさんの相談)

当社の社長と株主は同一人物です。創業以来特に外部借入金もなく事業は回っております。おかげ様で、ここ最近は、お客様からの引き合いが格段に増えてきている一方、いわゆる運転資金としての資金手当の検討が必要になってきました。社長に相談したところ、社長のポケットマネーから会社に貸し付けるよ、という案内を頂いたのですが、仮に社長から運転資金を借りた場合にはどの程度の利息(利率)を設定すればいいのでしょう...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月26日 00時35分(匿名さんの相談)

現在、公開会社にて、第三者割当増資(新株発行による資金調達)を検討しているのですが「有利発行」について、素人質問で大変恐縮ですが、ご質問させて頂ければ幸いです。
具体的に何%ディスカウントであれば有利発行に該当しないものなのでしょうか?また、係る必要なプロセス等(既存株主の利益保護等)についてもご教授頂けないでしょうか?お手数ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年05月31日 00時06分(匿名さんの相談)

メインバンクである銀行から借入をしていますが、先日返済スケジュールの見直しをお願いしました。
他行からの融資と考えているのですが、メインバンクの返済をリスケすると融資は難しくなるんですか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

以下のテーマでも相談事例をお読みいただけます