債権者の決算書閲覧請求権の行使(442条3項)

匿名さんの相談
(2018年10月15日 21時29分)

とある会社(対象会社)に物品を販売しておりますが、最近、対象会社に信用不安が生じているという噂があります。対象会社の財務状況の確認をしたいと思っておりまして、調べた挙句に会社法442条3項の条文があることを知りました。この条文によると債権者は対象会社の計算書類等の閲覧請求が可能とあります。ここでいう債権者とは当社のような会社も債権者として閲覧請求が可能になりますか。

コメントする

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

ベストアンサー
公認会計士
税理士
行政書士

 会社法442条3項本文には、「株主及び債権者は、株式会社の営業時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。」とあり、その請求の内容として、同項一号には、「計算書類等が書面をもつて作成されているときは、当該書面又は当該書面の写しの閲覧の請求」あります。
 ここで、この442条3項本文の「債権者」の範囲が問題となりますが、条文の文言上、債権の種類や期限・条件等による限定がないことや、同項が「債権者」に計算書類等の閲覧請求権を認めた趣旨は、株式会社の場合、会社債権者の担保となるのは会社財産のみであり、引当となる会社の一般財産の状況を会社債権者にも把握できるようにするためであることからすると、「債権者」の範囲を、債権の種類や期限・条件等により、限定的に解すべき理由がないものと思われます。(参考文献:会社法制度活用研究会編 『新会社法A2Z 非公開会社の実務』9206頁 第一法規)
 御社の場合、対象会社に、物品を販売しており、販売による売掛債権が残っているということであれば、御社も会社法442条3項の「債権者」に該当し、対象会社の計算書類等の閲覧請求をすることができるものと解されます。(会社法442条3項本文、同項一号)
 詳細につきましては、お近くの弁護士さんにご確認、ご相談ください。

(2018年10月19日 11時50分)

H.T(回答者)

債権者には、全ての債権者が該当しますので
売掛金等があれば
閲覧請求は可能です。
しかし、会社法上の計算書類は
貸借対照表と損益計算書等で、
勘定科目明細書などは対象とはなりませんので
個々の科目の内容はわかりません。

(2018年10月25日 17時46分)

この相談は、2018年10月15日 21時29分公開時点のものです。利用者の方自身の責任において、適法性・有用性を判断した上で情報をご利用下さい。
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

他にもこんな相談がされています

2018年04月21日 19時19分(匿名さんの相談)

取締役の任期満了により同一取締役の再任議案を提出予定です。議案提出は代表取締役が行いますが、代表取締役が自身を取締役候補として提案した議案を自身が当該決議に参加し同意しても問題ないのでしょうか。
また再任された取締役から自身が代表取締役として再任する議案についても自身が同意を表明することは可能なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年03月11日 10時40分(匿名さんの相談)

株式会社の設立を検討しています。どのような手続が必要になるのか、ご教示の程よろしくお願い致します

2件の書き込み
2018年03月14日 17時40分(匿名さんの相談)

当社は非公開会社で株主総会の招集手続の省略について定款にも記載があります。今回の株主総会は書面決議を予定しています。株主総会を書面決議で行う場合にも招集手続の省略手続は必要でしょうか。

宜しくお願い致します。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月11日 23時13分(匿名さんの相談)

当社の販売先の属性を確認したいと思っております。確認方法について教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月04日 13時34分(匿名さんの相談)

当社の得意先の経営状況が芳しくなく以前販売した代金の回収が未だ図られていません。通常販売翌月に代金の支払を受ける約束でしたが、支払期限を1年程度超過しました。得意先への支払督促は時折行っていますが、この債権が時効で消滅しないか心配になってきました。支払督促の仕方としてはメールで督促している程度です。メールでの督促だけで足りるものでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月04日 13時56分(匿名さんの相談)

当社は現在本店一つの拠点ですが、この度事業拡大に伴い営業所を設置する予定です。この場合にどのようなことに気を付けなければならないでしょうか。手続きやコストの観点でご教示頂ければ幸いです。

2件の書き込み
ベストアンサーがあります
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月16日 09時29分(H.Nさんの相談)

立ち上げたばかりの会社であまりわかっていないのですが、メールとかで契約内容を詰めた場合にも印紙税は必要になるものでしょうか?

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月18日 20時46分(KKさんの相談)

今度定款変更するのですが登記の変更も必要になるのでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月18日 21時48分(もうそろそろ退社できる。。さんの相談)

先日グループ会社の再編で子会社と孫会社を合併させました。孫会社が存続会社、子会社が消滅会社で、逆さ合併を行いました。その際に生じた自己株式ですが、この自己株式についていつまでに消却しなければならないのでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月19日 05時50分(仕事大好きさんの相談)

過去に販売した代金(売掛金)が未回収になる取引が何件か発生したことがあります。。未回収債権が発生しないようどのような仕組みを構築するのがいいのでしょうか?

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月22日 13時04分(H.Sさんの相談)

契約で規定する合意管轄裁判所は契約当事者の本店・支店所在地とは別の場所でも規定することができますか?
例えば、一方の本店・支店所在地が福岡、他方の本店・支店所在地が東京とした場合に、地理的な中間点をイメージして大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするような規定。
ご教示よろしくお願いします。

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月29日 19時06分(花火さんの相談)

会社設立にあたり定款は紙よりも電子定款の方がコストメリット(印紙代4万円削減)があると聞きます。電子定款をこれから自分で作成するかどうか迷っています。特に、電子定款で会社設立の経験がある方にご感想をお伺いしたいなと思っております。よろしくお願い致します。

2件の書き込み
2018年05月30日 13時03分(匿名さんの相談)

大型の設備投資を計画したいと思っています。それに伴い新たな資金調達も検討しなければなりません。当社の販売先は比較的優良な先が多いですので、その売掛金を使った資金調達も一つの手段かと思っております。その中で、売掛金担保融資(いわゆるABL)と売掛債権譲渡(いわゆるファクタリング)の違いやそれぞれの有用性等について教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いします。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年06月04日 16時29分(匿名さんの相談)

当社は取締役会設置会社です。取締役のうち1名が諸事情で辞任したいとの申し出がありました。取締役の辞任手続について教えて頂けますでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月19日 15時54分(EWさんの相談)

外部の方と顧問契約を締結予定です。顧問契約は通常委任契約になりますか。それとも請負契約になりますか。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月20日 10時29分(匿名さんの相談)

来期から大会社監査の対象となります。監査契約のタイミングと株主総会における会計監査人の選任タイミングについてご教授をお願いできませんでしょうか。
例えば、×1年4月開始の事業年度から会計監査の対象期間となる場合に、×1年6月に実施する株主総会で会計監査人の選任議案及びその決議を経て、同月に監査契約を締結するのでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月04日 12時09分(匿名さんの相談)

お恥ずかしい話取締役の任期を1年にしていたのですが、1年ごとに重任登記が必要なこと、知識不足で失念してしまっておりました。。(取締役任期1年でも同一人物が取締役として選任し続けていたため)。
この場合に必要となる手続きについて教えて頂けませんでしょうか。重任登記が必要な年分の登記手続き書類を準備すればよろしいのでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月13日 12時45分(きびさんの相談)

少し前に取引先からの納品が遅滞してしまった出来事がありました。色々な説明をされていましたがどうも資金繰りが一時的に窮する状況であった模様です。これを契機に当社においては取引先の信用を調査することを義務付ける方向になります。ネットで調べてみると信用調査会社からのデータ取得等の記載がありますが、とてもじゃないですが、全ての取引先のデータ取得には事務的にも金銭的にも厳しそうです。。そこで取引先の調...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月06日 15時26分(K.Iさんの相談)

以前にIPO目指していた会社の株式を購入しました。現在はほぼその夢もなくなってしまいました。この株式を発行会社に取得価格と同額で買い取らせたいのですが、法律的には可能なものでしょうか。

アドバイスについてどうぞ宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 08時26分(K.Iさんの相談)

「未公開株式の譲渡方法」というタイトルで質問させて頂きましたが、立て続けの質問で申し訳ありません。
会社が買取を行う場合、純資産やキャッシュフロー等を基準にして買取価格を算定するのが一般的ということですが、純資産は貸借対照表から毎年分かるのですが、キャッシュフローというのが分かりません。その場合にはどのように買取価格を算定するものなのでしょうか。一般論でも構いませんので、アドバイスの程、よ...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月10日 12時16分(パイナップルさんの相談)

当社の社長と株主は同一人物です。創業以来特に外部借入金もなく事業は回っております。おかげ様で、ここ最近は、お客様からの引き合いが格段に増えてきている一方、いわゆる運転資金としての資金手当の検討が必要になってきました。社長に相談したところ、社長のポケットマネーから会社に貸し付けるよ、という案内を頂いたのですが、仮に社長から運転資金を借りた場合にはどの程度の利息(利率)を設定すればいいのでしょう...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月13日 20時53分(匿名さんの相談)

現在、資本金が1億円を超えているのですが、決算日よりも前に減資手続きを行い資本金が1億円以下になる予定です。
税務上の中小企業者の定義の中に「資本金または出資金額が1億円以下」とあります。決算日よりも前に減資手続きを行った場合には中小企業者として確定申告手続を行えば宜しいのでしょうか。例えば、今期に30万円未満の少額減価償却資産を取得した時点では資本金は1億円を超えていたものの、決算日には...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月17日 12時57分(匿名さんの相談)

現在法人設立に向け色々と準備を進めています。事業は究極的にはパソコン一つあればできるものなので自宅(地方)作業が中心です。ただ、今後の事業の広がりを考えて都内住所を本店所在地としたいのですが、住所だけほしいので今はバーチャルオフィスでも問題ないかと思っています。ただ、問題としてバーチャルオフィスだと銀行(特に都銀)の法人口座の開設は難しい、といった情報をインターネットで見ました。
今考えて...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月21日 15時38分(KKさんの相談)

はじめまして。アドバイス頂けますと助かります。
現在、知人の会社に貸し付けを行う計画があります(300万円程度)。金利水準については、いわゆるグレーゾーン金利(15%)を超えず、当事者の合意があればどの水準でも問題ないのでしょうか(例えば、上限金利いっぱいの15%)。

宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月22日 14時31分(匿名さんの相談)

当社が貸付を行っているとある会社の業況確認をしなければならなくなりました。特に資本関係はないのですが、多額の貸付を行っているという理由で決算書の開示を求めることは権利として発生しませんでしょうか。請求できる場合にはその根拠法のようなものもご教示頂ければなおありがたいです。

よろしくお願い致します。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月11日 17時49分(匿名さんの相談)

年明けに会社の立ち上げを計画しています。立ち上げ資金は300万円程度を想定していますが、この全てを資本金として計上しなくてもいい、ということを知りました。資本金にならない部分、いわゆる資本準備金としてはいくらが妥当なのでしょうか。資本金と資本準備金の基本的な理解が不十分なところの質問で恐縮ですが、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月17日 09時31分(KEIさんの相談)

相談に乗って頂ければ幸いです。

・私の情報について
2011年4月-2017年3月一般企業に就労
2017年4月-2018年8月22日大学院進学のために無給休職
社会保険は継続加入、住民税は直接支払い、学生控除
2018年8月23日-2019年3月31日第一子誕生により育児休暇
育児休業給付金については審査中(直近12ヶ月給与はないが、特別事情があれば4年まで遡れる...

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月18日 13時08分(匿名さんの相談)

前オーナーから所有者が変更したことに伴い、役員退職慰労金制度の廃止を検討しています。役員退職慰労金制度を廃止する場合には、取締役会決議だけで足りますでしょうか。あるいは、株主総会決議まで必要になりますでしょうか。なお、現オーナー(株主)は1社のため、株主総会も紛糾することは想定されないのですが、もし株主総会決議が必要な場合には親会社への事務連絡も必要になるためお聞きする次第です。また、取締役...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月18日 13時13分(匿名さんの相談)

先ほどのご質問に加えて投稿させて頂きました。度々で失礼致します・・
前オーナーから所有者が変更したことに伴い、役員退職慰労金制度の廃止を検討しています。仮に退職慰労金制度を廃止する場合に、在任役員については廃止直前までの役員在籍期間に応じて、役員退職慰労金制度の計算規定に従い算定された慰労金相当額の金銭の支給を想定したいのですが、この場合、受給する役員(引き続き役員として継続)は当該支給額...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月18日 21時06分(匿名さんの相談)

中小企業の管理部門在籍で弊社は物販業(卸業)です。少し前までの得意先への売掛滞留債権30万円程度が1年超未回収の状況です。これまで何度も督促メールや内容証明郵便による督促も実施しましたが反応はありません。社長からはしっかり全額回収をするよう指示がでており、これまでの経緯を考えると、裁判所を介するのが得策と考えております。金額も少額なため少額訴訟を準備したいのですが、一つ疑問があります。販売に...

0件の書き込み
2018年09月19日 10時47分(マイルさんの相談)

お世話になります。減資手続きについて一点ご教示ください。
減資手続きで求められる債権者保護手続きは、債権者がいなくても省略はできないのでしょうか。あるいはその必要となる公告期間の短縮は可能でしょうか。できれば書面決議で減資手続きを終えたいと考えております。自宅起業で一人で会社を運営しており、事業の運営に必要となる物品購入等は全て現金決済のため借金はありません。
よろしくお願いします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月21日 10時31分(マネージャーさんの相談)

今年度の決算について、初めて投資家に配当を払えそうな状況になりそうです。そこで分配可能額の試算を行っているところなのですが、この分配可能額の上限まで配当といっても配当金を支払うための預金がない場合、預金額を上限として考えればいいのでしょうか。経理知識が希薄なため若干混乱しております。。
アドバイスについてお願いできれば大変に助かります。
宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月27日 15時23分(匿名さんの相談)

弊社の決算日は11月末なのですが、これを3月末決算に変更したいと考えています。
とすると、通常、どのタイミングで決算期変更の手続を行えば宜しいのでしょうか。2月の定時総会の議案に盛り込んで決議しておくべきでしょうか。あるいは臨時総会をどこかで開催して決議すべきでしょうか。
よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月30日 10時18分(匿名さんの相談)

当社は来年度初めて非常勤役員の招聘を行う予定です。社長より非常勤役員の報酬水準についての調査指令が来ているのですが、少しお知恵をお貸し頂けますでしょうか。
非常勤役員の報酬はゼロでも問題ないのでしょうか。
仮に報酬を払うとすればどの程度であれば適正なのでしょうか。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月15日 13時15分(匿名さんの相談)

年明けに都内で起業を予定しています。資本金をどの程度にしようか検討を始めています。税金のコスト(消費税・住民税)の観点から資本金は1000万円未満が望ましい、といった記事を見かけます。その理由は、消費税がかからない、住民税が安くなる、等との理由が目につきます。住民税が安くなる、というのは理解ができたのですが、消費税がかからない、というのはどのようなことになるのでしょうか。会社を設立して、例え...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月22日 20時28分(匿名さんの相談)

業者より仕入れた商品をインターネットを通じて販売しています。特定の顧客への売掛金が20万円程度滞留していて(6か月程度)、その回収方法を検討しています(営業部門からのメール、電話での督促は何度も実施しているものの応答なし)。金額的には少額ですが、最適な回収方法についてアドバイスを頂戴できませんでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月26日 12時28分(のまのまさんの相談)

数年前に会社を設立しました。今度とある理由により原本証明付きで定款コピーを外部の方にお渡しする必要があります。そこでご質問なのですが、会社設立以降これまで定款変更は特にしていないため、設立時に作成した原資定款の附則がそのままになっています。具体的には、設立に際して出資される財産価額や資本金、最初の事業年度、設立時役員、発起人の氏名等、が記載のままです。もはや不要な項目かと思っておりますが、こ...

0件の書き込み
2018年10月30日 07時38分(匿名さんの相談)

当社は株式譲渡制限会社です。従業員持持株会は従業員の福利厚生の一環としてこれまで運用しています。実はこれから退職される予定の方から従業員持株会による退職予定者からの株式取得価格について問い合わせがきております。規約では退職する従業員は取得した株式の購入価格(取得価格)で従業員持株会に売却する規定になっているのですが、おかげさまで当社の業績はここ最近好調なことを理由にして、取得価格での売却では...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月12日 08時09分(A.Kさんの相談)

定款(紙ベース)を改訂することを検討していますが、この場合に、改訂後の定款を紙に印刷したのちに、収入印紙を貼る必要があるのでしょうか。原始定款には、貼ったような気がします。よろしくお願いします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年11月14日 11時49分(らおさんの相談)

当社に子会社があり、当社籍の従業員が昨年度より当該子会社のために子会社常駐で業務を支援しておりました。ただ、子会社からはこの業務に関するコストの負担はしてもらってはいなかったのですが、業務の実態を踏まえると業務委託契約のような内容でありそれに係るコストを子会社にチャージするのが適切であろう、という議論になっています。その場合、仮に、昨年度分からの業務委託費をチャージする場合には、税務上は修正...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月14日 15時55分(匿名さんの相談)

元々社員として働いていた会社と業務委託契約を締結してフリーランスとして継続的にお仕事をしています。この度、来期契約の更新は見送るとの通知を一方的に受けました。フリーランスといっても社員として働いていた時と仕事の仕方はあまり変わりません(社員と同じように定時?出社、定時帰り)。社員の場合には解雇等の実施には相当なハードルがある中で業務委託契約は契約更新をしなければならない義務は双方にはない、と...

0件の書き込み
2018年11月15日 16時27分(Y.Yさんの相談)

依頼者からの求めに応じて市場調査等のコンサルティング契約を締結する予定です。業務委託契約書のひな形?を依頼者から受領したのですが、契約条項の一つに損害賠償規定があります。この条項については、当方からすれば極めてゼロに近い形で限定したいところなのですが、そもそも損害賠償に関して制限を加えることは可能なのでしょうか(例えば、業務委託手数料の10%までなら損害賠償の責任限度額としてぎりぎり設定でき...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月20日 14時57分(マルまるさんの相談)

今年度設立1期目で決算をそろそろ迎えます。会社の設立登記前に広告宣伝用のチラシ等を準備致しました。こちらの費用は創立費、開業費、いずれで処理をすれば宜しいのでしょうか。あるいは、経費計上をすればいいのでしょうか。今期は若干の売上が計上できそうです。どの処理が税務的にメリットがあるのでしょうか。アドバイスをお願い申し上げます。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年12月01日 02時21分(田村 権作さんの相談)

0件の書き込み
2018年12月05日 13時18分(匿名さんの相談)

先日起業しました。未だ売上高の計上には至っておりませんので経費の支払いのみの状況の中、法人用の銀行口座の開設を未だ行っておりません。経費の支払タイミングにおいては会社設立登記の際に振り込んでいる個人の銀行口座から引き落としを行っています。この状況は法律的には認められない状況でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年12月07日 16時14分(匿名さんの相談)

知人が在籍していた会社より運転資金を借入ました。当初は契約通り返済を行っていたいのですが、その後にその返済がなかなか難しくなりました。口頭ではありますが、知人(その会社の共同創業者:当時の代表取締役)より返済猶予(返せる原資ができたら返済を始める)のお返事も頂いていて現在に至っていました。しかし、その知人の当該会社の退職を機に、当初予定通り返済をしてくれと知人より連絡がありました。返済猶予に...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年12月13日 07時58分(Suさんの相談)

来年に起業(会社設立)しようかと考えています。まだまだ未確定要素が多いところではありますが、会社形態について悩んでいます。最近では合同会社なる形態での会社設立が増えてきているとの話。設立費用等の観点から合同会社の設立をと考えていますが、仮に、合同会社設立後にやはり株式会社にしたい、といった場合、そもそも会社の形態を変えることは許されるのでしょうか。社名を変えることはごくまれに聞いたりもします...

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年12月21日 09時28分(匿名さんの相談)

起業にあたって、税務署に届出書類の提出が必要になろうかと存じます。青色申告の申請を行う予定です。青色申告で必須の複式簿記ですが、これは簿記3級ぐらいを理解しておけば何とか乗り切れるものなのでしょうか。起業直後は運転資金もそれ程ないため、当面、経理関係は自分で行う予定ですが、何分経理素人のため、複式簿記に不安を感じています。アドバイスを頂戴できますと幸いでございます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月07日 15時14分(ノンネームさんの相談)

初歩的なご質問で恐縮ですが・・・
弊社は昨年に設立され、小職と事務員の2名体制ですが、契約周りのお作法について全く知識がありません・・。ご相談としては、契約書の住所の書き方です。
つい先日、お客様と1件ご成約をした際に契約書を作成し、調印しております。その際に、弊社の住所表記(丁目・番地・号)を「○-○-○」のような形式で記載してしまっておりました。登記上は「○丁目○番地○号」と漢字表記...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月08日 13時01分(マルさんの相談)

当社は契約者様に商品を継続的に販売する会社です。代金決済は、原則、翌月にクレジットカード決済をお客様にお願いしているのですが、以前、当社の代金決済システムを移行する際に一時的に全お客様に当社口座への振込依頼を行っていた時期がありました。最近、売掛金の回収確認を行っていたところ、代金決済システムの移行期における販売代金の振込が漏れていたお客様がいることが判明しました。その取引自体は既に2年が経...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月10日 08時02分(T.Fさんの相談)

今年に起業予定です。まずは自己資金500万円程で事業立ち上げに必要な備品や設備、広告宣伝等の経費に使う予定です。会社登記に資本金を申請しなければならないかと思いますが、この自己資金500万円全てを資本金として申請してもいいし、一部を資本準備金としてとっておくこともできると聞きました。仮に一部を資本準備金とする場合、口座を別々にして事業に必要な経費等には使うことはできない性質になるのでしょうか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月10日 18時09分(キングさんの相談)

商品の代金支払いが未了のお客に対して少額訴訟を検討していますが、相手方の財産状況が分りません(メインの銀行口座情報、自家用車の有無、その他換金性の高い資産状況の有無等。不動産はなさそうです)。資産状況が判明しない状況の中、少額訴訟を提起する意味はないでしょうか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月15日 17時17分(T.Zさんの相談)

株主=役員は当方のみの会社ですが、元々の事業資金として出資した資金が底をつきそうなので、当方個人資金を会社に貸し付けて急場をしのごうかと思っています。その際の貸付金については適正な金利を会社より収受するような契約が必要になりますでしょうか。金利を収受しないことが法的、税務的等の観点で問題ないか気になり投稿させて頂きました。
よろしくお願い致します。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月16日 03時59分(Y.Aさんの相談)

数年前に個人事業を廃業しました。今年新たな事業を個人開業したいと思っていますが、青色申告で開業届を出したいのです。可能でしょうか?以前の個人事業の廃業の際には、個人事業の開廃業等の届出書と同時に青色申告の取りやめの届出書も提出しています。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月21日 14時08分(匿名さんの相談)

会社設立後に税務署に提出しなければならない法人設立届出書に添付して提出する設立時の貸借対照表ですが、設立時点ということで、設立に際して振り込んだ金額(現金のみ)が資本金になる、ということは理解しております。この度、貸借対照表の左側に記載する項目としては、「現金及び預金」と記載すればいいのでしょうか?あるいは「現金」ないしは「預金」と記載すればいいのでしょうか?何かルールはありますでしょうか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年02月15日 13時06分(匿名さんの相談)

組織再編の一環で新設分割を企図します。新設分割計画書に記載する新会社の成立日ですが、例えば、3月31日が成立の日とすると、通常の会社設立と同じような手続、例えば、会社設立の前に、公証人による定款認証手続が必要になったりするのでしょうか?

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年02月25日 12時08分(S.Sさんの相談)

資本金を減少させる場合に、知れたる債権者への個別催告と官報公告が必要と聞いております。ただ、当社の直前取引においては債権者はいないため知れたる債権者への個別催告ができません。この場合には官報公告を行うことでいいのでしょうか?

0件の書き込み
2019年03月04日 21時54分(Askさんの相談)

今年度に設備資金の必要性から増資を予定しています。現在資本金は1億円ですがこの増資により資本金が5億円以上となり大会社になってしまいます。いわゆる大会社監査(会計監査人)が必要になると聞いていますが、仮に増資後、早々に減資を行い資本金を1億円にした場合には大会社監査は回避できますか?アドバイスをお願いします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月05日 03時55分(篠澤 敏治さんの相談)

 食品汚損壊でダメージを受けています。しかし、医者に検査結果をすり替えられ、または脱漏されて被害届を出すことすらままならない状態です。これでは彼らのやらずぼったくりが過ぎて見苦しいはずですが、彼らはそれが彼らの計画だと言って私の制止を聞きません。仕事にならないどころか生活に苦しんでいます。彼らの仕掛けのあるアパートはフジテレビで放送されたからくり屋敷でお化け屋敷とかパックマン屋敷とかいう趣向...

0件の書き込み
2019年03月11日 17時06分(Sa**さんの相談)

知人と会社を立ち上げようと計画しています。立ち上げ手続き的に簡易な合同会社の予定ですが、立ち上げ後の税務上の取り扱いは異なりますか?初歩的なご質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年03月28日 00時17分(匿名さんの相談)

企業再編により、会社分割(吸収分割)を行う事となり、労働者保護に係る必要な手続き、又留意点等につきまして、ご教授頂けないでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月04日 22時58分(匿名さんの相談)

私は、財務経理部に属しているものですが、営業担当者から、新たに商取引を開始したい先がある旨相談を受けました。
どのように与信調査すれば良いか悩んでいます。ご相談させて頂けないでしょうか?

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月07日 16時38分(T.Tさんの相談)

起業したばかりでして初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願い致します。
全額資本金で会社を立ち上げましたが、一部を借入金としたいのです。役員と株主は小職のみですので、実質的には特段手続きは不要でしょうか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月08日 20時38分(***koさんの相談)

友人との起業にあたり代表取締役の肩書をお互いにつけようとの意見がでています(代表取締役が2名)。代表取締役というと会社の意思決定を単独で行える権限が広範にあるとの理解ですが、仮に、友人(代表取締役になったとして)が行った会社行為について、何かの責任が発生した場合、私(代表取締役になったとして)にもその責任が及んでしまうものでしょうか?

0件の書き込み
2019年04月21日 09時16分(C.Hさんの相談)

子会社の取締役をしている従業員が来月で会社を退職されることに伴い当該子会社の取締役の籍もなくす必要があります。後任の取締役は別の方に既に打診済みです。子会社取締役の辞任について何か手続は必要になりますか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月27日 00時41分(T.Sさんの相談)

※この投稿は不適切な内容のため、運営者によって削除されました。

0件の書き込み
2019年06月20日 15時21分(アントレプレナーさんの相談)

友人と共同で会社を立ち上げます。当方含めて全員が代表取締役を想定していますが、お互いの強みが異なるため、対外的にはそれぞれの強みで事業を執行する予定です。その場合に、例えば、本来であれば担当領域ではなかった事業分野において業務を執行した場合、その業務の取り消しを相手先(取引先)に申し出ることは可能なのでしょうか?業務執行を制限する手続きはどうすればいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年07月01日 15時28分(K.Tさんの相談)

設備投資を目的にスポンサーからの資金受け入れを検討しております。スポンサーからは数億円規模での調達になりそうで、それを受けると税務上の中小企業者ではなくなったり、監査法人の監査も必要になる可能性もあります。従い、現在、スポンサーからの出資受け入れ(増資)決議と同時に、増額する資本金と同額の減資決議も検討しています。これは一般的でしょうか。留意すべきところがあればご教授をお願い申し上げます。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年07月16日 23時38分(MKさんの相談)

西山ファームという会社の投資詐欺被害にあいました。
詐欺の内容は、インターネットにて確認いただけると幸いです。

◾️西山ファーム詐欺事件
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_company20190528j-03-w440

大阪の弁護団にて、被害者の会が設立されていますが、
愛知県でも同様に被害者の会のようなものが設立出来ない...

0件の書き込み
2019年08月03日 05時37分(技術者さんの相談)

起業に向けて諸々準備をしていますが、2点程お尋ねさせて頂きたく投稿致します(株式会社の起業を想定)。
①会社の設立にあたり決めなければならない資本金ですが、一部を借入金として処理することは可能なのでしょうか。つまり、立ち上げ時に必要な資金が100万円だった場合に、50万円を資本金として登記して、残りの50万円は登記しない(借入金としてみなす)、という方法についてお尋ねさせてください
②資...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年08月10日 11時55分(Y.Nさんの相談)

私の住む住宅街区には,マンションの管理組合と同様に,65条に定められ,管理組合規約があります。街区内にある集会場が,区分所有になっています。

管理組合費は,毎月1万円ですが,マンションとは異なり,組合費のほとんどは,街区内の個人宅地に緑地ゾーンの芝刈り費用に支出されていますが,私宅だけは緑化ゾーンがありませんが,他の住民と同じ1万円を支払っているのは不公平だと思い,道路から見える部分だ...

0件の書き込み
2019年10月23日 12時36分(フリーランスさんの相談)

最近会社を辞めフリーランスとして業務を始めました。知り合いから仕事を発注してもらえそうで、一応契約書を取り交わすことになりました。その際に、最後両者で調印する場合の私の欄はどのように記載するのがいいのでしょうか。会社登記はしていないですが、屋号を使って営業を始めています。屋号での契約書の調印は有効でしょうか。その際の印鑑は屋号が入ったものが妥当でしょうか。合わせてご助言を頂戴できればさいわい...

0件の書き込み
2019年11月06日 21時03分(D.Kさんの相談)

法人化を検討している事業があります。その場合に法人設立経費がでてきますが、法人設立まではどのように費用化すればいいのでしょうか?仮に年末を挟んで、その準備を行っていた場合、個人所得の確定申告の際に事業所得?の経費として申請すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

0件の書き込み
2019年11月06日 21時04分(D.Kさんの相談)

法人化を検討している事業があります。その場合に法人設立経費がでてきますが、法人設立まではどのように費用化すればいいのでしょうか?仮に年末を挟んで、その準備を行っていた場合、個人所得の確定申告の際に事業所得?の経費として申請すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年11月09日 14時07分(匿名さんの相談)

今年後半よりかなり利益がでてきました。役員報酬の増額を検討したいのですが、増額すると定期同額給与という金額から逸脱してしまうと聞きました。役員報酬を増額するための手法は何か御座いますか。

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

以下のテーマでも相談事例をお読みいただけます