会社設立にあたっての資本金の水準

KINGさんの相談
(2019年03月20日 21時18分)

自己資金100万円程を用いて会社を立ち上げます。その際の資本金の決め方についてアドバイスを頂戴できませんでしょうか。例えば少し極端な案になりますが、以下のようなパターンについてコメント頂ければ幸いです。
<パターン1>全額資本金100万円
<パターン2>資本金50万円、資本準備金50万円
<パターン3>資本金1円、役員借入金99万円

よろしくお願いいたします。

コメントする

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

経営コンサルタント

自己資金100万円ということであればいずれのパターンでも大きな違いはないかと思います。あえて言えば、借入金は将来的に返済を想定していますので、一時的な事業資金の融通、という側面が強いのであれば、一部を借入金として処理することも考えられるかと思います。

(2019年03月21日 06時46分)

公認会計士
税理士
宅地建物取引士
Cenxus税理士法人-センクサスグループ

他の会社による資本関係がないという前提であれば、税務上はいずれのパターンでも違いはありません。
資本金は取引関係者が会社の信用力を図る指標になるケースもあります。また、資本金と役員借入金の大きな違いは拠出した資金が将来戻ってくるのかこないのかです。資本金として拠出すると減資手続きという大変に煩雑な手続きを経なければ拠出した資金の返還を会社から受けることはできません。他方、役員借入金であれば、会社とオーナーとで借用書を交わし、期限が来ればその返済を会社から受けることができます。いずれにしても将来の事業をどのように考えるのかで資本金の適正水準は変わってくると思いますので、これといった正解はない、というのがご回答になろうかと思います。

(2019年03月21日 16時11分)

KING(相談者)

大原先生、青島先生、ご丁寧なアドバイスについてありがとうございました。資本金水準の決定にあたり、考えるべき軸が明確になりました。

(2019年03月22日 12時01分)

この相談は、2019年03月20日 21時18分公開時点のものです。利用者の方自身の責任において、適法性・有用性を判断した上で情報をご利用下さい。
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

他にもこんな相談がされています

2018年02月10日 07時32分(匿名さんの相談)

起業を考えています。株式会社と合同会社、どちらがいいのでしょうか。両社ともそれぞれメリット、デメリットがあり優劣をつけれずにいます。。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月11日 18時42分(匿名さんの相談)

小さいな会社を運営しております。従業員は数名程度、経営者兼株主は私一人です。おかげさまで事業も軌道にのってきており、近々新しいオフィスを借りる予定です。
そこでこの新たなオフィスは登記しなければなりませんでしょうか。なお、現在借りているオフィスはそのまま使い続け、新オフィスは営業所的な形を考えており、名刺には当該オフィスを●●営業所、と記載するつもりです。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月02日 00時24分(匿名さんの相談)

フリーランスとして各種仕事をしてきましたが、このたび個人事業主から法人へ事業の主体を変えようかと思っております。
定款や登記申請にあたって必要となる事業目的の記載について、この事業の目的はどの程度の範囲まで記載しておいた方がいいのでしょうか。将来の事業展開の可能性も踏まえて幅広に記載しておいた方がよさそうな印象ですが、その程度がよくわかりません。現在全く関係のない事業や許認可や届出が必要な...

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月15日 19時53分(匿名さんの相談)

自らの事業を会社を立ち上げた経験のある実務家の方にお聞きしたいのですが、資本金の決定は実際どのような感じで決定していきましたでしょうか。実際に設立後に資本金の多寡で苦労された経験等ありましたらざっくばらんに教えて頂ければ幸いです。
当方、これから会社設立を検討している者でですが、何分周りに会社立ち上げ経験者がおらず、インターネット等で色々調べるぐらいしかできずに、経験者の生の声が聞きたかっ...

5件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年03月14日 04時35分(匿名さんの相談)

サラリーマンを退職して起業を考えていて、本格的な準備をすすめています。色々と将来的なことも考えて株式会社での設立を検討しています。
そこで一つお尋ねがあります。資本金の入金タイミングですが、これは定款作成前後、定款認証前後、いずれで行う必要があるのでしょうか。ネット等を見ると色々と説明があり少し困惑しています。会社登記申請時に資本金の入金タイミングを理由に受理されないのは困るので、早めにこ...

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月14日 04時37分(匿名さんの相談)

現在、中小企業において総務関連の仕事をしております。今後の事業展開を考えていて、その分野に詳しい方を今後顧問として受け入れ予定です。
そこで顧問受け入れにあたって登記上必要な手続はありますでしょうか。
まだ、常勤顧問として受け入れるのか、非常勤顧問として受け入れるのかは決まっておりません。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月04日 13時56分(匿名さんの相談)

当社は現在本店一つの拠点ですが、この度事業拡大に伴い営業所を設置する予定です。この場合にどのようなことに気を付けなければならないでしょうか。手続きやコストの観点でご教示頂ければ幸いです。

2件の書き込み
ベストアンサーがあります
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月18日 20時46分(KKさんの相談)

今度定款変更するのですが登記の変更も必要になるのでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月29日 19時06分(花火さんの相談)

会社設立にあたり定款は紙よりも電子定款の方がコストメリット(印紙代4万円削減)があると聞きます。電子定款をこれから自分で作成するかどうか迷っています。特に、電子定款で会社設立の経験がある方にご感想をお伺いしたいなと思っております。よろしくお願い致します。

2件の書き込み
2018年07月04日 12時09分(匿名さんの相談)

お恥ずかしい話取締役の任期を1年にしていたのですが、1年ごとに重任登記が必要なこと、知識不足で失念してしまっておりました。。(取締役任期1年でも同一人物が取締役として選任し続けていたため)。
この場合に必要となる手続きについて教えて頂けませんでしょうか。重任登記が必要な年分の登記手続き書類を準備すればよろしいのでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月13日 20時53分(匿名さんの相談)

現在、資本金が1億円を超えているのですが、決算日よりも前に減資手続きを行い資本金が1億円以下になる予定です。
税務上の中小企業者の定義の中に「資本金または出資金額が1億円以下」とあります。決算日よりも前に減資手続きを行った場合には中小企業者として確定申告手続を行えば宜しいのでしょうか。例えば、今期に30万円未満の少額減価償却資産を取得した時点では資本金は1億円を超えていたものの、決算日には...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月17日 12時57分(匿名さんの相談)

現在法人設立に向け色々と準備を進めています。事業は究極的にはパソコン一つあればできるものなので自宅(地方)作業が中心です。ただ、今後の事業の広がりを考えて都内住所を本店所在地としたいのですが、住所だけほしいので今はバーチャルオフィスでも問題ないかと思っています。ただ、問題としてバーチャルオフィスだと銀行(特に都銀)の法人口座の開設は難しい、といった情報をインターネットで見ました。
今考えて...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月31日 08時56分(匿名さんの相談)

当社は飲食業ですが、資本金はそれ程大きくありません。最近では赤字が続き、必要資金は社長、あるいはその他役員からの借入金で賄っています。今後の決算対応(出来上がりの決算書の自己資本が極めて小さくなってしまうためそれを回避)というところもありますが、この社長借入金・役員借入金を資本に組み入れる、あるいは債務免除を受ける、等はこの目的にかなうものなのでしょうか。留意点についてご指導頂けますと幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月11日 17時49分(匿名さんの相談)

年明けに会社の立ち上げを計画しています。立ち上げ資金は300万円程度を想定していますが、この全てを資本金として計上しなくてもいい、ということを知りました。資本金にならない部分、いわゆる資本準備金としてはいくらが妥当なのでしょうか。資本金と資本準備金の基本的な理解が不十分なところの質問で恐縮ですが、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月16日 07時55分(KEIさんの相談)

初投稿になります。不備などあるかと思いますが、ご相談に乗って頂ければ幸いです。

・私の情報について
2011年4月-2017年3月一般企業に就労
2017年4月-2018年8月22日大学院進学のために無給休職
社会保険は継続加入、住民税は直接支払い、学生控除
2018年8月23日-2019年3月31日第一子誕生により育児休暇
育児休業給付金については審査中(直近12ヶ月給与は...

1件の書き込み
2018年09月17日 09時31分(KEIさんの相談)

相談に乗って頂ければ幸いです。

・私の情報について
2011年4月-2017年3月一般企業に就労
2017年4月-2018年8月22日大学院進学のために無給休職
社会保険は継続加入、住民税は直接支払い、学生控除
2018年8月23日-2019年3月31日第一子誕生により育児休暇
育児休業給付金については審査中(直近12ヶ月給与はないが、特別事情があれば4年まで遡れる...

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月15日 13時15分(匿名さんの相談)

年明けに都内で起業を予定しています。資本金をどの程度にしようか検討を始めています。税金のコスト(消費税・住民税)の観点から資本金は1000万円未満が望ましい、といった記事を見かけます。その理由は、消費税がかからない、住民税が安くなる、等との理由が目につきます。住民税が安くなる、というのは理解ができたのですが、消費税がかからない、というのはどのようなことになるのでしょうか。会社を設立して、例え...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月20日 14時41分(N.Oさんの相談)

会社の役員の重任登記を法務局に申請しましたが、重任から5か月弱怠っておりました。

この場合は過料が発生するおそれはありますか?

またこれを機に、いままで事務所職員で行っていた登記作業を専門家でもある司法書士の方に

お願いしようと考えております。

サイトをみると、1年で過料発生や、半年で過料発生などいろんな情報があふれています。

専門家の方の情報が知りたくお願いい...

1件の書き込み
2018年11月12日 08時09分(A.Kさんの相談)

定款(紙ベース)を改訂することを検討していますが、この場合に、改訂後の定款を紙に印刷したのちに、収入印紙を貼る必要があるのでしょうか。原始定款には、貼ったような気がします。よろしくお願いします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年12月13日 07時58分(Suさんの相談)

来年に起業(会社設立)しようかと考えています。まだまだ未確定要素が多いところではありますが、会社形態について悩んでいます。最近では合同会社なる形態での会社設立が増えてきているとの話。設立費用等の観点から合同会社の設立をと考えていますが、仮に、合同会社設立後にやはり株式会社にしたい、といった場合、そもそも会社の形態を変えることは許されるのでしょうか。社名を変えることはごくまれに聞いたりもします...

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月10日 08時02分(T.Fさんの相談)

今年に起業予定です。まずは自己資金500万円程で事業立ち上げに必要な備品や設備、広告宣伝等の経費に使う予定です。会社登記に資本金を申請しなければならないかと思いますが、この自己資金500万円全てを資本金として申請してもいいし、一部を資本準備金としてとっておくこともできると聞きました。仮に一部を資本準備金とする場合、口座を別々にして事業に必要な経費等には使うことはできない性質になるのでしょうか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年02月15日 13時06分(匿名さんの相談)

組織再編の一環で新設分割を企図します。新設分割計画書に記載する新会社の成立日ですが、例えば、3月31日が成立の日とすると、通常の会社設立と同じような手続、例えば、会社設立の前に、公証人による定款認証手続が必要になったりするのでしょうか?

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年02月25日 12時08分(S.Sさんの相談)

資本金を減少させる場合に、知れたる債権者への個別催告と官報公告が必要と聞いております。ただ、当社の直前取引においては債権者はいないため知れたる債権者への個別催告ができません。この場合には官報公告を行うことでいいのでしょうか?

0件の書き込み
2019年03月04日 21時54分(Askさんの相談)

今年度に設備資金の必要性から増資を予定しています。現在資本金は1億円ですがこの増資により資本金が5億円以上となり大会社になってしまいます。いわゆる大会社監査(会計監査人)が必要になると聞いていますが、仮に増資後、早々に減資を行い資本金を1億円にした場合には大会社監査は回避できますか?アドバイスをお願いします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月27日 11時33分(K.Sさんの相談)

先月末に会社の設立登記をし、今月初めに法人設立届出書を税務署等に提出しました。その際に青色申告の承認申請書も提出すればよかったのですが、提出を失念しておりました。この場合、もう青色申告の対象法人として認定されることは難しいと思わなければなりませんか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月28日 00時17分(匿名さんの相談)

企業再編により、会社分割(吸収分割)を行う事となり、労働者保護に係る必要な手続き、又留意点等につきまして、ご教授頂けないでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月29日 10時08分(NULLさんの相談)

起業準備中です(株式会社を考えてます)。決算日を決める必要があるかと思いますが、多くの会社が3月末、12月末が多い印象です。そもそも、決算日は法律上、月末でなければなりませんか?もし可能であれば、月中も検討候補にしたいのです。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月01日 09時55分(k.aさんの相談)

今年初めて決算をむかえます。現金と普通預金について、普段は、手元保管の現金は「現金」勘定で、預金しているものは「普通預金」勘定で仕訳をしています。決算書(貸借対照表)作成にあたり、これらはそのまま「現金」「普通預金」と表示しても問題御座いませんでしょうか?会計ルールに「現金及び預金」勘定というのもあると理解しておりまして、どちらが正しいのでしょうか?
大変に初歩的なご質問となりまして恐縮で...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年04月07日 16時38分(T.Tさんの相談)

起業したばかりでして初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願い致します。
全額資本金で会社を立ち上げましたが、一部を借入金としたいのです。役員と株主は小職のみですので、実質的には特段手続きは不要でしょうか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月21日 09時16分(C.Hさんの相談)

子会社の取締役をしている従業員が来月で会社を退職されることに伴い当該子会社の取締役の籍もなくす必要があります。後任の取締役は別の方に既に打診済みです。子会社取締役の辞任について何か手続は必要になりますか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年06月06日 18時00分(kaoさんの相談)

脱サラをし、会社経営を始めました。資本金は当初50万円で定款の附則という項目に記載しましたが、設立登記のタイミングで、更に設立資金が必要と判断し、追加で50万円を拠出しました。この場合の50万円は「資本金」として処理するのでしょうか?あるいは「資本準備金」として処理するのでしょうか。経理知識が不足していて初歩的なご質問で恐縮ですが、どうかご教授の程よろしくお願いいたします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年06月13日 10時57分(S.Kさんの相談)

会社設立にあたり、事前にPCの購入や見込み客への訪問に伴う旅費などの諸々経費が発生しました。これら会社設立前に生じた費用はどのように処理すればよろしかったのでしょうか。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年06月20日 15時21分(アントレプレナーさんの相談)

友人と共同で会社を立ち上げます。当方含めて全員が代表取締役を想定していますが、お互いの強みが異なるため、対外的にはそれぞれの強みで事業を執行する予定です。その場合に、例えば、本来であれば担当領域ではなかった事業分野において業務を執行した場合、その業務の取り消しを相手先(取引先)に申し出ることは可能なのでしょうか?業務執行を制限する手続きはどうすればいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年07月01日 15時28分(K.Tさんの相談)

設備投資を目的にスポンサーからの資金受け入れを検討しております。スポンサーからは数億円規模での調達になりそうで、それを受けると税務上の中小企業者ではなくなったり、監査法人の監査も必要になる可能性もあります。従い、現在、スポンサーからの出資受け入れ(増資)決議と同時に、増額する資本金と同額の減資決議も検討しています。これは一般的でしょうか。留意すべきところがあればご教授をお願い申し上げます。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年07月11日 14時01分(T.Iさんの相談)

会社の立ち上げにかかった定款認証費用などを創立費として貸借対照表に計上しました。現在2期目です。創立費というのをインターネット検索すると、創立費は任意償却が可能、とでてきます。任意償却が可能ということは、利益がでていないときにはあえて費用にせずに、利益がでたときに費用にすればいい、ということでいいのでしょうか。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年08月03日 05時37分(技術者さんの相談)

起業に向けて諸々準備をしていますが、2点程お尋ねさせて頂きたく投稿致します(株式会社の起業を想定)。
①会社の設立にあたり決めなければならない資本金ですが、一部を借入金として処理することは可能なのでしょうか。つまり、立ち上げ時に必要な資金が100万円だった場合に、50万円を資本金として登記して、残りの50万円は登記しない(借入金としてみなす)、という方法についてお尋ねさせてください
②資...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年08月19日 13時48分(T.Hさんの相談)

これまでサラリーマンとして仕事をしていましたが、年内までに独立しようかと準備を開始しました。まだ書籍購入などで色々と調べている段階ではありますが、少し気になるところがでてきましたので教えてください。これからPC購入やオフィスのレンタルなどを会社設立前に行っていく予定ですが、その支払う原資はどのように考えればいいのですか。つまりは、まだ会社の設立前のため会社名義の預金口座はないのですが、起業に...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

以下のテーマでも相談事例をお読みいただけます