債務超過になったら

M.Tさんの相談
(2019年04月14日 13時26分)

主要な得意先からの引き合いが減少しはじめここ数年は苦しい状況が続いています。未だ可能性ではありますが、今年度末には債務超過の可能性もありそうです。債務超過になった場合にどのようなことが起こるのでしょうか?倒産しなければなりませんでしょうか。。?

コメントする

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答

ベストアンサー
弁護士

債務超過になっても
倒産しなければならないということではありません。

事業を継続していくにあたって資金繰りが続くのであれば
事業は続けて行くことができます。

ただ、個人資産などの切り売りによりぎりぎりまで資金繰りをした後で
民事再生等の再建手続きをしようとしても
破産しか方法がなくなってしまいますので
資金繰りの余裕があるうちに、民事再生等の相談はされた方がよいかもしれません。

(2019年04月15日 09時23分)

M.T(相談者)

まだまだ不勉強ではありますが、大変に参考になる意見、まことにありがとうございました。

(2019年04月15日 21時00分)

経営コンサルタント

必ずしも債務超過が倒産に結び付くわけではありません。債務超過は会計上のバランスシートの棄損を意味します。バランスシートが棄損していても事業の活動資金が確保できる限りにおいては事業の存続は可能と思います。ただ、債務超過になりますと、銀行からの追加借り入れは難しくなりますし、取引先との取引条件においても債務超過は取引ストップの条件となっていることもありえます。ですので、債務超過に陥る可能性があるとの予見があれば、速やかにそれを回避するような手立てを計画する必要があると思います。

(2019年04月16日 07時44分)

この相談は、2019年04月14日 13時26分公開時点のものです。利用者の方自身の責任において、適法性・有用性を判断した上で情報をご利用下さい。
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

他にもこんな相談がされています

2018年04月08日 11時56分(匿名さんの相談)

当社は業績が思った以上に伸び悩んでいて、金融機関からの借入返済が難しい状況です。
この場合どのようにしていけばよいのでしょうか。いきなり銀行に返済をストップしてもらうようお願いすればいいのでしょうか。
適切なステップについてご教示頂ければ幸いです。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月03日 14時31分(匿名さんの相談)

当社の業績が芳しくなく、借入金返済や金利減免等を検討せざるを得ない状況かと思慮しております。
いわゆる私的整理の枠組みの中で取り得る手段について教えて頂きたいと思っております。

3件の書き込み
2018年03月20日 22時17分(匿名さんの相談)

民事再生の適用にあたり発生する附随費用についてご教示頂けないでしょうか。
どのような費用項目と金額が発生するのか事前に確認しておきたいと思っております。
よろしくおねがい致します。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月18日 23時17分(匿名さんの相談)

現在、とある会社の買収を検討していますが、会社全てではなく一部の事業の譲り受けになります。
会社分割等を駆使して対象事業を切り出し、買収する算段です。
その際に残った事業(資産、負債)はそのまま消滅させたいのですが、その手段として、破産手続がいいのか、特別清算手続がいいのか、あまり分っていません。
というかどちらも会社を終了させる意味では同じではないのでしょうか。

3件の書き込み
2018年04月18日 15時25分(匿名さんの相談)

残念ながら事業の改善が見られず破産手続に入らざるを得ないかもしれません。。
破産手続を行った場合、当方(社長)も個人破産をしなければならないのでしょうか。
現在、銀行からの借入と個人保証も差し入れています。。

8件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月06日 08時23分(匿名さんの相談)

特別清算開始の要件に「債務超過の疑い」とありますが、この疑いを検証するために必要な手続は何か必要でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月31日 10時03分(匿名さんの相談)

弊社は現在複数行から借入調達をしていますが、半年毎の約定弁済と金利支払いが相当重荷です。調べた結果、私的整理という枠組みにおいて銀行に返済ストップや金利減免等を相談することができるものと理解しました。当社には特に顧問弁護士がいるわけではないのですが、私的整理手続を行っていくには、通常、弁護士の介在が必須になるのでしょうか。あるいは、司法書士になるのでしょうか。私的整理手続開始のイメージがない...

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月19日 12時31分(匿名さんの相談)

売上も思った以上に伸びず単月赤字が続き、会社と自分の自己資金も急激に減ってきており資金が枯渇する可能性もでてきました(最悪年内)。会社の倒産(破産)、自分自身の自己破産となった場合の税金は、租税債権ということで免責対象から外されると基本的には思っていますが、払える原資がない場合、どのようになるのでしょうか。例えば、年内の破産となると、年明けから、法人については住民税の均等割り(利益はでないと...

0件の書き込み

以下のテーマでも相談事例をお読みいただけます