法的整理申立時の預金の取り扱い(民事再生)

HeyWさんの相談
(2019年05月07日 11時38分)

少し教えて頂ければ幸いです。
<例>
・A銀行借入5000万円
・取引先B社買掛金5000万円
・A銀行預けの普通預金1000万円
・A銀行預けの定期預金500万円
<質問>
民事再生の申立を行った場合、A銀行預けの預金(1500万円)はA銀行からの借入金5000万円と自動的に相殺されてなくなってしまいますか?あるいは、A銀行と取引先B社からの債務が同額のため、この預金(1500万円)はA銀行と取引先B社で折半されて没収されますか?
※税金の支払いや申立費用などについては簡略化のため無しとしてご指導頂ければ幸いです。

コメントする
この相談は、2019年05月07日 11時38分公開時点のものです。利用者の方自身の責任において、適法性・有用性を判断した上で情報をご利用下さい。
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

他にもこんな相談がされています

2018年03月20日 22時17分(匿名さんの相談)

民事再生の適用にあたり発生する附随費用についてご教示頂けないでしょうか。
どのような費用項目と金額が発生するのか事前に確認しておきたいと思っております。
よろしくおねがい致します。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月14日 13時26分(M.Tさんの相談)

主要な得意先からの引き合いが減少しはじめここ数年は苦しい状況が続いています。未だ可能性ではありますが、今年度末には債務超過の可能性もありそうです。債務超過になった場合にどのようなことが起こるのでしょうか?倒産しなければなりませんでしょうか。。?

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

以下のテーマでも相談事例をお読みいただけます