合同会社設立・運営の無料相談

最近は合同会社(LLC)を設立して起業される方も多くいらっしゃいます。合同会社(LLC)は株式会社と比較されることが多い会社形態です。合同会社(LLC)の設立やその後の運営について合同会社(LLC)特有の疑問やお悩みがでてくることもあります。合同会社(LLC)に関するちょっとしたお悩みをお持ちの方は「みんなの相談広場」で解決のヒントを見つけていきましょう。

みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

2019年03月11日 17時06分(Sa**さんの相談)

知人と会社を立ち上げようと計画しています。立ち上げ手続き的に簡易な合同会社の予定ですが、立ち上げ後の税務上の取り扱いは異なりますか?初歩的なご質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年03月26日 22時32分(S.Hさんの相談)

※この投稿は不適切な内容のため、運営者によって削除されました。

0件の書き込み
2019年03月27日 11時33分(K.Sさんの相談)

先月末に会社の設立登記をし、今月初めに法人設立届出書を税務署等に提出しました。その際に青色申告の承認申請書も提出すればよかったのですが、提出を失念しておりました。この場合、もう青色申告の対象法人として認定されることは難しいと思わなければなりませんか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月29日 10時08分(NULLさんの相談)

起業準備中です(株式会社を考えてます)。決算日を決める必要があるかと思いますが、多くの会社が3月末、12月末が多い印象です。そもそも、決算日は法律上、月末でなければなりませんか?もし可能であれば、月中も検討候補にしたいのです。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年04月01日 09時55分(k.aさんの相談)

今年初めて決算をむかえます。現金と普通預金について、普段は、手元保管の現金は「現金」勘定で、預金しているものは「普通預金」勘定で仕訳をしています。決算書(貸借対照表)作成にあたり、これらはそのまま「現金」「普通預金」と表示しても問題御座いませんでしょうか?会計ルールに「現金及び預金」勘定というのもあると理解しておりまして、どちらが正しいのでしょうか?
大変に初歩的なご質問となりまして恐縮で...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2019年08月19日 13時48分(T.Hさんの相談)

これまでサラリーマンとして仕事をしていましたが、年内までに独立しようかと準備を開始しました。まだ書籍購入などで色々と調べている段階ではありますが、少し気になるところがでてきましたので教えてください。これからPC購入やオフィスのレンタルなどを会社設立前に行っていく予定ですが、その支払う原資はどのように考えればいいのですか。つまりは、まだ会社の設立前のため会社名義の預金口座はないのですが、起業に...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年08月26日 10時12分(I.Hさんの相談)

現在個人事業主として生計を立てておりますが、相応の所得になってきたために節税対策として法人成りを検討しています。その際に、小職が有する資産(車)を新設法人の方に移管したいと思っております。その場合、移管を受ける法人側では取得価格(適正価格)をもって会計処理を行う、というのは理解しますが、小職個人の立場で考えた場合には、移管した資産の適正価格に税金(所得税等)が発生してしまう、ということになっ...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年11月06日 21時03分(D.Kさんの相談)

法人化を検討している事業があります。その場合に法人設立経費がでてきますが、法人設立まではどのように費用化すればいいのでしょうか?仮に年末を挟んで、その準備を行っていた場合、個人所得の確定申告の際に事業所得?の経費として申請すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

0件の書き込み
2019年11月06日 21時04分(D.Kさんの相談)

法人化を検討している事業があります。その場合に法人設立経費がでてきますが、法人設立まではどのように費用化すればいいのでしょうか?仮に年末を挟んで、その準備を行っていた場合、個人所得の確定申告の際に事業所得?の経費として申請すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

このカテゴリーで活躍中の士業・コンサルタント

行政書士
ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士
東京都
東京近郊でビザ(在留資格)・帰化等の申請に関してお困りの方は、当事務所へ。中国語(普通話・粤語)での対応も可能です。
 当ページをご覧いただき誠に有難う御座います。 私は、日本の行政書士であると共に、中国語の全国通訳案内士でもあり、従前、中国北京語言大学での...
中小企業診断士
千葉県
中小企業の設備投資 困っていませんか? 経営者に寄り添い、未来を示し、共に歩く
中小企業の経営者様、設備投資したいが、人も金も乏しい、建設会社も設計会社も親身に相談に乗ってくれない。そん...
行政書士
滋賀県
街の法律家として『話しやすかった』、『相談に来て良かった』と思っていただける敷居の低い事務所を目指しております。
建設業許可申請のほか、風営法や道路使用・占用許可申請、ドローン許可申請を行っています。その他、遺言書作成サポート、遺産分割協議書作成も...
公認会計士
税理士
愛知県
”社会貢献”をモットーとする会計・税務・パブリック・非営利の専門家
林会計事務所所長の林伸一です。当事務所は会計・税務の専門家でありパブリック・非営利を得意とする会計事務所です。都道府県・市町...
行政書士
愛知県
外国人雇用、国際結婚のコンサルティング及びビザ申請手続きを行っています。是非ご相談ください。
はじめまして。行政書士の山本貴昭です。  人には各々、進学、就職、結婚など人生の転機が訪れます。これらの転機がそれからの人...
公認会計士
税理士
東京都
スタートアップ企業様、外資系企業様に強い公認会計士・税理士事務所です。
大手監査法人で約9年、税理士法人で約2年の実務経験を積んだ後、平成30年5月に佐藤賢公認会計士事務所を開業し、平成30年7月に税理士登録しました。大...
行政書士
兵庫県
伊丹の行政書士。 丁寧・迅速をモットーとしております。 皆様のより良きパートナーとしてお力添えできればと思っております。
兵庫県伊丹市にございます【蘭行政書士法務事務所】代表の 横川正一 で御座います。相続、遺言、離婚協議書等、お気軽にお問い合わせください...
行政書士
北海道
遺言、相続、後見、会計記帳代行の行政書士業務と簿記・パソコン等の個別指導をやっています。
公認会計士
税理士
ファイナンシャル・プランニング技能士
東京都
★★★社会福祉法人・学校法人・公益法人・医療法人・国会議員関係政治団体などの非営利分野を得意とする会計事務所です★★★
※...
税理士
神奈川県
Quickレスポンスをモットーとする湘南、横浜エリアの30代若手税理士
【自己紹介】10年超税務会計業務に携わり、2019年に独立開業しました。事業を始めるに至った...
行政書士
神奈川県
法人設立、会計・記帳、決算書作成、事業承継、相続・遺言、土地活用等、お気軽にご相談ください。
税理士
埼玉県
フットワークの軽い30代の税理士です。「不動産」「相続」なら当事務所にお任せください。
当事務所は税理士1名の小さな事務所ではありますが、だからこそ小回りが利きます。税理士が直接お客様を担当しますので、スピーディーな対応が可能で...
行政書士
大阪府
高い専門性を提供していく事をコンセプトに活動しています。一人で悩まずご相談ください。出張無料相談受付しております。
はじめまして、行政書士の明石 勝です。身近な街の法律家として、関西、大阪を中心に活動しております。業務に関しましては、①相続...
税理士
東京都
みなさまの参謀役に。税理士HGS総合事務所
 わたしは、地方における個人会計事務所での10年間及び都心の税理士法人での10年間の勤務の中で、個人事業主から、中小企業(一般事業会社、社会福祉法人...
公認会計士
税理士
愛知県
韓国企業の日本進出、日本企業の韓国進出、医療法人、クラウド会計、決算早期化・標準化ならお任せください。
慶應義塾大学商学部卒業後、有限責任監査法人トーマツ監査部門にて建設業、製造業,商社等の上場会社を中心とした会計監査に従事。その後、韓国系企業の日本現...
行政書士
東京都
外国人雇用のご相談・在留資格の手続き/ 起業支援・融資サポートを得意としています
公認会計士
税理士
経営コンサルタント
財務コンサルタント