経営・事業展開の無料相談

事業が軌道にのり、更に成長のスピードを加速させていくことは経営者にとって非常に大切なテーマとなります。しかし、急速な事業の拡大に伴い、対応すべき経営課題テーマもその分増えていき、不慣れな分野もでてきます。ここでは、成長企業が直面する様々な経営課題における留意点を確認することができます。ちょっとしたお悩みをお持ちであればみんなの相談広場で解決のヒントを早めに見つけていきましょう。

2018年09月07日 08時49分(匿名さんの相談)

当社はホームページ作成会社です。当方一人会社です。
最近ホームページの作成や機能バージョンアップの依頼が増えてきているので、外部のエンジニアに応援を頼もうと思っております。
その際に一つ疑問があります。
依頼者からの売上金の一部で外部エンジニアの報酬にあてがう予定なのですが、仕訳としてはどのようになりますでしょうか。
例えば、依頼者からの売上金が50万円、外部エンジニアへの支払いが3...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月14日 11時49分(らおさんの相談)

当社に子会社があり、当社籍の従業員が昨年度より当該子会社のために子会社常駐で業務を支援しておりました。ただ、子会社からはこの業務に関するコストの負担はしてもらってはいなかったのですが、業務の実態を踏まえると業務委託契約のような内容でありそれに係るコストを子会社にチャージするのが適切であろう、という議論になっています。その場合、仮に、昨年度分からの業務委託費をチャージする場合には、税務上は修正...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月12日 21時01分(匿名さんの相談)

当社の社内管理体制が不十分で、返済期日を5年経過してしまった貸付金があり、その処理で悩んでいます(時効の中断については失念。。)。
貸付先は特に時効の援用を行っていないため未だ貸付金の権利は消滅していないとの認識です。ただ、下手にこちらからアプローチして時効を援用してしまわれると貸付金が消滅してしまうので貸付先になかなかアプローチもできない状況です(故に資産状況等は不明)。このような場合に...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月06日 08時23分(匿名さんの相談)

特別清算開始の要件に「債務超過の疑い」とありますが、この疑いを検証するために必要な手続は何か必要でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 08時38分(匿名さんの相談)

経営企画部にて事業投資(事業会社の増資引き受け)を検討しています。対象会社のバリュエーション方法についてご教示ください。
対象会社は業歴も相応に長く確定給付型の退職金制度があります。貸借対照表には退職給付引当金が計上されていますが、これはネットデットアイテムとしてバリュエーションを行う場合には(エクイティバリューを計算する場合には)控除するべき性質でしょうか。色々調べてみたのですが、上手く...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月10日 13時08分(生産管理さんの相談)

これから新たなバリューチェーンとして当社製品の製造を外部へ委託し、製品製造に必要な部品の一部を当社から無償支給で対応頂く方向になりそうです。そこでこの無償支給部品の費用計上時期についてどのタイミングが適切なのでしょうか。例えば、当社の倉庫から出荷したタイミングがいいのか、あるいは、外部から製品を検収したタイミングがいいのか、悩んでおります。契約は請負契約で、無償支給の部品も適正量だけを支給し...

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 11時29分(匿名さんの相談)

改めての質問です。。。
ファイナンス面の手当で金融機関と相談するケースが何回かあります。その中のやり取りで企業価値評価(株式価値評価)を議論する際にEBITDAマルチプル(倍率)をよく使います。何か理由があるのでしょうか。。
素人質問で恐縮ですが、ご教示の程よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月24日 17時18分(匿名さんの相談)

これまで自己資金で事業を行ってきましたが、事業が好転せず外部資金の調達も検討しなければならない状況になりつつあります。。(創業:赤字、数年:黒字、最近:赤字連続)。他方で、当方(社長)保証は差し入れたくありません。こんな都合のいい条件で調達できる先はあるものでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月14日 15時26分(匿名さんの相談)

経理事務を担当しています。今年度が確定申告の最初の年度となります。まだまだ小さいな会社で資金も安定していません。その中で、必要に応じて社長のポケットマネーで会社の経費を負担している場合が何回かあります。会社運営に必要なものなので、会社の経費として認識しなければなりませんか?その場合、どのような処理をすれば宜しいのでしょうか?社長に負担してもらったものを全て会社で負担するほどに資金はない状況で...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月01日 11時46分(H.YMさんの相談)

社内レイアウト変更で簿価のある備品等の固定資産を除却、ないしは従業員に寄贈しようと思っております。この場合、税務・会計上の取り扱いはどのようになりますでしょうか。証憑としては稟議書でよろしかったでしょうか。また処理のタイミングは稟議書等の決済日、ないしは据え付けから移動した日、でしょうか。

よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月20日 12時57分(Nokkoさんの相談)

営業用車両を下取りにだして新車を購入します(未だ納車されていません)。その場合に会計上の仕訳では新車購入と下取り車両を合わせて売却損益を計算すると理解していますが、消費税の課税売上の認識ではどのようにすればよろしいのでしょうか。当社は簡易課税制度を採用しているためどのように認識するのか確認したい次第です。
アドバイスを宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月05日 17時41分(匿名さんの相談)

とある会社に株式での出資を検討しています。出資比率に応じて子会社、関連会社の判定となるのは理解しています。財務諸表等規則には、その有することとなる議決権比率が自己の計算において、子会社判定においては50%以下40%以上、関連会社においては20%未満15%以上、の場合には、特定の要件事実に該当すれば、子会社または関連会社に該当すると記載があります。逆にいえば、自己の計算において議決権がこれら比...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月21日 10時31分(マネージャーさんの相談)

今年度の決算について、初めて投資家に配当を払えそうな状況になりそうです。そこで分配可能額の試算を行っているところなのですが、この分配可能額の上限まで配当といっても配当金を支払うための預金がない場合、預金額を上限として考えればいいのでしょうか。経理知識が希薄なため若干混乱しております。。
アドバイスについてお願いできれば大変に助かります。
宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月06日 15時26分(K.Iさんの相談)

以前にIPO目指していた会社の株式を購入しました。現在はほぼその夢もなくなってしまいました。この株式を発行会社に取得価格と同額で買い取らせたいのですが、法律的には可能なものでしょうか。

アドバイスについてどうぞ宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 07時57分(匿名さんの相談)

お忙しいところ恐れ入りますが、下記ご教示ください。
今年度初決算を迎えます。これまでの取引の整理と請求書等の整理を始めています。いくつか領収書の宛名がブランクのもの、略字のもの、立替者の名前、等、会社名ではないものがあります。これらは経費として認識しても大丈夫でしょうか。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月08日 12時51分(匿名さんの相談)

現在会社を経営している者です。長年会社経営をしてきましたが、少し別の興味がでてきたことと、正直、経営するプレッシャーから解放されたい、という思いからM&Aでの売却を検討しています(仲介会社からもいくつか提案を受けています)。実は、会社が借りている銀行借入に個人保証がついていて、今回、仮に全株式を売却すればこの個人保証は自動的に解除される、ということでよかったのでしょうか。あるいは、少し勉強し...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 12時46分(匿名さんの相談)

度々で恐縮です。初決算を迎えるにあたり、下記についてご教示をお願いできませんでしょうか。
税務申告書に添付する決算報告書について、その中で求められる個別注記表を作成するにあたり会社計算規則98条の規定に従い作成をしていきたいのですが、98条第1項15号の「その他の注記」とは何を意味するのでしょうか。当社は、非公開会社のため、98条第2項1号により同条第1項の一部の注記は省略可能、との状況です。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 08時26分(K.Iさんの相談)

「未公開株式の譲渡方法」というタイトルで質問させて頂きましたが、立て続けの質問で申し訳ありません。
会社が買取を行う場合、純資産やキャッシュフロー等を基準にして買取価格を算定するのが一般的ということですが、純資産は貸借対照表から毎年分かるのですが、キャッシュフローというのが分かりません。その場合にはどのように買取価格を算定するものなのでしょうか。一般論でも構いませんので、アドバイスの程、よ...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 13時00分(匿名さんの相談)

特例有限会社の全株式の取得を検討しています。特例有限会社の株式を取得するには特例有限会社において総株主の半数以上、かつ、総株主の議決権の4分の3以上の賛成があれば株式を取得できるという理解でいいのでしょうか。株式を取得しても、有限会社から株式会社に組織変更をしなければならない、ということではない、という理解でいいのでしょうか。ご助言頂けますと助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 15時22分(匿名さんの相談)

当社はB2C事業でこれまで現金取引をメインとしてきました。今後は信販会社と契約をしてクレジットカード決済も可能にしようと考えています。その際に少し気になるところとして、クレジットカード決済による販売を行った場合には、信販会社への支払手数料を控除して売上を計上しても問題ないものでしょうか。実際に入金ベースで記帳をした方が煩雑でないためです。仮にそれが可能な場合には、信販会社への支払手数料を控除...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 14時38分(匿名さんの相談)

役員(創業者)から会社として借入を行いました。この役員からの借入金は貸借対照表上、「短期借入金」、「長期借入金」いずれで表示すればいいのでしょうか。あるいは「借入金」の前に「役員」とつけて「短期役員借入金」、あるいは「長期役員借入金」でしょうか。表示の仕方で外部利害関係者へのアピールが変わったりしますでしょうか。
ご指導頂ければ助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月10日 12時16分(パイナップルさんの相談)

当社の社長と株主は同一人物です。創業以来特に外部借入金もなく事業は回っております。おかげ様で、ここ最近は、お客様からの引き合いが格段に増えてきている一方、いわゆる運転資金としての資金手当の検討が必要になってきました。社長に相談したところ、社長のポケットマネーから会社に貸し付けるよ、という案内を頂いたのですが、仮に社長から運転資金を借りた場合にはどの程度の利息(利率)を設定すればいいのでしょう...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月18日 11時44分(匿名さんの相談)

タイトルについてご教示願いませんでしょうか。設置は今年の夏で、決算期は12月末です。エアコン本体とエアコン設置工事費用、いずれも経費計上可能でしょうか。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月20日 12時31分(匿名さんの相談)

はじめまして。
 
今年初めに会社登記を完了しました。当面は取引回数も少ないと思われるため経理関係も自分で行う予定です。是非教えて頂ければと思い領収書の宛先について相談させて下さい。
 
領収書の宛先についてこれまで意識せずに、会社名以外に、空欄、上様、会社略字、個人名でもこれまで受け取っておりました。いずれも事業との関連がある出費ですが、経費として認めてもらえるのでしょうか。。
...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月22日 12時33分(起業さんの相談)

前期起業し、役員1名(当方)、事務員1名の体制です。受注見込みがあっての起業でしたので前期は役員報酬発生。しかし、今期途中から前期の受注先との契約が解消となり売上は途中からほぼなし。このような状況から役員報酬をゼロとせざるを得ないのですが、そうなると今期途中までの月額役員報酬(定期同額)とズレが生じてしまいます。そこで、役員報酬××/未払金××、という会計仕訳でしばらく乗り切ろうと思っていま...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年08月27日 09時52分(匿名さんの相談)

下記宜しくお願い致します。
最近投資ファンドからの投資提案があるのですが、彼らの提案の中に「ハンズオンでバリューアップを図る」とあります。ネットで調べてみると投資ファンドの投資後の関与方法には、大きくハンズオンスタイルとハンズオフスタイルがあるようです。具体的な関与方法について教えて頂けないでしょうか。
ご教示頂ければ幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月26日 10時54分(匿名さんの相談)

来期の資金調達を反映した事業計画を策定しています。現在、金融機関から内諾を得た借入額を事業計画に反映しても未だ資金の不足がある状態です(暫く赤字を想定するため)。このような事業計画を策定することは問題ないのでしょうか。資金が不足しているものを事業計画と呼ぶことに違和感がある一方、未だ不足資金の調達先の見込みがない中で、それを織り込むことにも違和感を感じるところです。
どのように考えればいい...

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年08月31日 08時56分(匿名さんの相談)

当社は飲食業ですが、資本金はそれ程大きくありません。最近では赤字が続き、必要資金は社長、あるいはその他役員からの借入金で賄っています。今後の決算対応(出来上がりの決算書の自己資本が極めて小さくなってしまうためそれを回避)というところもありますが、この社長借入金・役員借入金を資本に組み入れる、あるいは債務免除を受ける、等はこの目的にかなうものなのでしょうか。留意点についてご指導頂けますと幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月30日 07時38分(匿名さんの相談)

当社は株式譲渡制限会社です。従業員持持株会は従業員の福利厚生の一環としてこれまで運用しています。実はこれから退職される予定の方から従業員持株会による退職予定者からの株式取得価格について問い合わせがきております。規約では退職する従業員は取得した株式の購入価格(取得価格)で従業員持株会に売却する規定になっているのですが、おかげさまで当社の業績はここ最近好調なことを理由にして、取得価格での売却では...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月02日 19時04分(匿名さんの相談)

仲介会社からM&Aの売り案件の紹介を受けました。未だ社内では緩い検討の中ではありますが、M&Aで実施するデューデリジェンス(DD)についてご教示ください。
M&Aを実施した他の会社の知人に話を聞くと、財務税務DDと法務DDについては実施している企業がほとんどですが、事業DD、不動産DD、その他DDを実施した、という話はあまり聞きません。M&Aの一般書籍には事業DDや不動産DD等の重要性がか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月12日 12時07分(匿名さんの相談)

タイトルの2点についてご教示ください。
①当社商品をお客様へ無償提供した際の仕訳はどうなりますでしょうか。
例)販促費××/商品××、あるいは、寄付金××/商品××
②逆に、無償提供を受けた場合には処理は必要でしょうか(特段、支払いは生じません)

宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月14日 11時49分(らおさんの相談)

当社に子会社があり、当社籍の従業員が昨年度より当該子会社のために子会社常駐で業務を支援しておりました。ただ、子会社からはこの業務に関するコストの負担はしてもらってはいなかったのですが、業務の実態を踏まえると業務委託契約のような内容でありそれに係るコストを子会社にチャージするのが適切であろう、という議論になっています。その場合、仮に、昨年度分からの業務委託費をチャージする場合には、税務上は修正...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月12日 12時07分(匿名さんの相談)

タイトルの2点についてご教示ください。
①当社商品をお客様へ無償提供した際の仕訳はどうなりますでしょうか。
例)販促費××/商品××、あるいは、寄付金××/商品××
②逆に、無償提供を受けた場合には処理は必要でしょうか(特段、支払いは生じません)

宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月30日 07時38分(匿名さんの相談)

当社は株式譲渡制限会社です。従業員持持株会は従業員の福利厚生の一環としてこれまで運用しています。実はこれから退職される予定の方から従業員持株会による退職予定者からの株式取得価格について問い合わせがきております。規約では退職する従業員は取得した株式の購入価格(取得価格)で従業員持株会に売却する規定になっているのですが、おかげさまで当社の業績はここ最近好調なことを理由にして、取得価格での売却では...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月26日 10時54分(匿名さんの相談)

来期の資金調達を反映した事業計画を策定しています。現在、金融機関から内諾を得た借入額を事業計画に反映しても未だ資金の不足がある状態です(暫く赤字を想定するため)。このような事業計画を策定することは問題ないのでしょうか。資金が不足しているものを事業計画と呼ぶことに違和感がある一方、未だ不足資金の調達先の見込みがない中で、それを織り込むことにも違和感を感じるところです。
どのように考えればいい...

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年10月22日 12時33分(起業さんの相談)

前期起業し、役員1名(当方)、事務員1名の体制です。受注見込みがあっての起業でしたので前期は役員報酬発生。しかし、今期途中から前期の受注先との契約が解消となり売上は途中からほぼなし。このような状況から役員報酬をゼロとせざるを得ないのですが、そうなると今期途中までの月額役員報酬(定期同額)とズレが生じてしまいます。そこで、役員報酬××/未払金××、という会計仕訳でしばらく乗り切ろうと思っていま...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年10月18日 11時44分(匿名さんの相談)

タイトルについてご教示願いませんでしょうか。設置は今年の夏で、決算期は12月末です。エアコン本体とエアコン設置工事費用、いずれも経費計上可能でしょうか。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 14時38分(匿名さんの相談)

役員(創業者)から会社として借入を行いました。この役員からの借入金は貸借対照表上、「短期借入金」、「長期借入金」いずれで表示すればいいのでしょうか。あるいは「借入金」の前に「役員」とつけて「短期役員借入金」、あるいは「長期役員借入金」でしょうか。表示の仕方で外部利害関係者へのアピールが変わったりしますでしょうか。
ご指導頂ければ助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 13時00分(匿名さんの相談)

特例有限会社の全株式の取得を検討しています。特例有限会社の株式を取得するには特例有限会社において総株主の半数以上、かつ、総株主の議決権の4分の3以上の賛成があれば株式を取得できるという理解でいいのでしょうか。株式を取得しても、有限会社から株式会社に組織変更をしなければならない、ということではない、という理解でいいのでしょうか。ご助言頂けますと助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 12時46分(匿名さんの相談)

度々で恐縮です。初決算を迎えるにあたり、下記についてご教示をお願いできませんでしょうか。
税務申告書に添付する決算報告書について、その中で求められる個別注記表を作成するにあたり会社計算規則98条の規定に従い作成をしていきたいのですが、98条第1項15号の「その他の注記」とは何を意味するのでしょうか。当社は、非公開会社のため、98条第2項1号により同条第1項の一部の注記は省略可能、との状況です。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 07時57分(匿名さんの相談)

お忙しいところ恐れ入りますが、下記ご教示ください。
今年度初決算を迎えます。これまでの取引の整理と請求書等の整理を始めています。いくつか領収書の宛名がブランクのもの、略字のもの、立替者の名前、等、会社名ではないものがあります。これらは経費として認識しても大丈夫でしょうか。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月21日 10時31分(マネージャーさんの相談)

今年度の決算について、初めて投資家に配当を払えそうな状況になりそうです。そこで分配可能額の試算を行っているところなのですが、この分配可能額の上限まで配当といっても配当金を支払うための預金がない場合、預金額を上限として考えればいいのでしょうか。経理知識が希薄なため若干混乱しております。。
アドバイスについてお願いできれば大変に助かります。
宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月20日 12時57分(Nokkoさんの相談)

営業用車両を下取りにだして新車を購入します(未だ納車されていません)。その場合に会計上の仕訳では新車購入と下取り車両を合わせて売却損益を計算すると理解していますが、消費税の課税売上の認識ではどのようにすればよろしいのでしょうか。当社は簡易課税制度を採用しているためどのように認識するのか確認したい次第です。
アドバイスを宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月14日 15時26分(匿名さんの相談)

経理事務を担当しています。今年度が確定申告の最初の年度となります。まだまだ小さいな会社で資金も安定していません。その中で、必要に応じて社長のポケットマネーで会社の経費を負担している場合が何回かあります。会社運営に必要なものなので、会社の経費として認識しなければなりませんか?その場合、どのような処理をすれば宜しいのでしょうか?社長に負担してもらったものを全て会社で負担するほどに資金はない状況で...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 11時29分(匿名さんの相談)

改めての質問です。。。
ファイナンス面の手当で金融機関と相談するケースが何回かあります。その中のやり取りで企業価値評価(株式価値評価)を議論する際にEBITDAマルチプル(倍率)をよく使います。何か理由があるのでしょうか。。
素人質問で恐縮ですが、ご教示の程よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 08時38分(匿名さんの相談)

経営企画部にて事業投資(事業会社の増資引き受け)を検討しています。対象会社のバリュエーション方法についてご教示ください。
対象会社は業歴も相応に長く確定給付型の退職金制度があります。貸借対照表には退職給付引当金が計上されていますが、これはネットデットアイテムとしてバリュエーションを行う場合には(エクイティバリューを計算する場合には)控除するべき性質でしょうか。色々調べてみたのですが、上手く...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月12日 21時01分(匿名さんの相談)

当社の社内管理体制が不十分で、返済期日を5年経過してしまった貸付金があり、その処理で悩んでいます(時効の中断については失念。。)。
貸付先は特に時効の援用を行っていないため未だ貸付金の権利は消滅していないとの認識です。ただ、下手にこちらからアプローチして時効を援用してしまわれると貸付金が消滅してしまうので貸付先になかなかアプローチもできない状況です(故に資産状況等は不明)。このような場合に...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月07日 08時49分(匿名さんの相談)

当社はホームページ作成会社です。当方一人会社です。
最近ホームページの作成や機能バージョンアップの依頼が増えてきているので、外部のエンジニアに応援を頼もうと思っております。
その際に一つ疑問があります。
依頼者からの売上金の一部で外部エンジニアの報酬にあてがう予定なのですが、仕訳としてはどのようになりますでしょうか。
例えば、依頼者からの売上金が50万円、外部エンジニアへの支払いが3...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月02日 19時04分(匿名さんの相談)

仲介会社からM&Aの売り案件の紹介を受けました。未だ社内では緩い検討の中ではありますが、M&Aで実施するデューデリジェンス(DD)についてご教示ください。
M&Aを実施した他の会社の知人に話を聞くと、財務税務DDと法務DDについては実施している企業がほとんどですが、事業DD、不動産DD、その他DDを実施した、という話はあまり聞きません。M&Aの一般書籍には事業DDや不動産DD等の重要性がか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月31日 08時56分(匿名さんの相談)

当社は飲食業ですが、資本金はそれ程大きくありません。最近では赤字が続き、必要資金は社長、あるいはその他役員からの借入金で賄っています。今後の決算対応(出来上がりの決算書の自己資本が極めて小さくなってしまうためそれを回避)というところもありますが、この社長借入金・役員借入金を資本に組み入れる、あるいは債務免除を受ける、等はこの目的にかなうものなのでしょうか。留意点についてご指導頂けますと幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月27日 09時52分(匿名さんの相談)

下記宜しくお願い致します。
最近投資ファンドからの投資提案があるのですが、彼らの提案の中に「ハンズオンでバリューアップを図る」とあります。ネットで調べてみると投資ファンドの投資後の関与方法には、大きくハンズオンスタイルとハンズオフスタイルがあるようです。具体的な関与方法について教えて頂けないでしょうか。
ご教示頂ければ幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月20日 12時31分(匿名さんの相談)

はじめまして。
 
今年初めに会社登記を完了しました。当面は取引回数も少ないと思われるため経理関係も自分で行う予定です。是非教えて頂ければと思い領収書の宛先について相談させて下さい。
 
領収書の宛先についてこれまで意識せずに、会社名以外に、空欄、上様、会社略字、個人名でもこれまで受け取っておりました。いずれも事業との関連がある出費ですが、経費として認めてもらえるのでしょうか。。
...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月10日 12時16分(パイナップルさんの相談)

当社の社長と株主は同一人物です。創業以来特に外部借入金もなく事業は回っております。おかげ様で、ここ最近は、お客様からの引き合いが格段に増えてきている一方、いわゆる運転資金としての資金手当の検討が必要になってきました。社長に相談したところ、社長のポケットマネーから会社に貸し付けるよ、という案内を頂いたのですが、仮に社長から運転資金を借りた場合にはどの程度の利息(利率)を設定すればいいのでしょう...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 15時22分(匿名さんの相談)

当社はB2C事業でこれまで現金取引をメインとしてきました。今後は信販会社と契約をしてクレジットカード決済も可能にしようと考えています。その際に少し気になるところとして、クレジットカード決済による販売を行った場合には、信販会社への支払手数料を控除して売上を計上しても問題ないものでしょうか。実際に入金ベースで記帳をした方が煩雑でないためです。仮にそれが可能な場合には、信販会社への支払手数料を控除...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 08時26分(K.Iさんの相談)

「未公開株式の譲渡方法」というタイトルで質問させて頂きましたが、立て続けの質問で申し訳ありません。
会社が買取を行う場合、純資産やキャッシュフロー等を基準にして買取価格を算定するのが一般的ということですが、純資産は貸借対照表から毎年分かるのですが、キャッシュフローというのが分かりません。その場合にはどのように買取価格を算定するものなのでしょうか。一般論でも構いませんので、アドバイスの程、よ...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月08日 12時51分(匿名さんの相談)

現在会社を経営している者です。長年会社経営をしてきましたが、少し別の興味がでてきたことと、正直、経営するプレッシャーから解放されたい、という思いからM&Aでの売却を検討しています(仲介会社からもいくつか提案を受けています)。実は、会社が借りている銀行借入に個人保証がついていて、今回、仮に全株式を売却すればこの個人保証は自動的に解除される、ということでよかったのでしょうか。あるいは、少し勉強し...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月06日 15時26分(K.Iさんの相談)

以前にIPO目指していた会社の株式を購入しました。現在はほぼその夢もなくなってしまいました。この株式を発行会社に取得価格と同額で買い取らせたいのですが、法律的には可能なものでしょうか。

アドバイスについてどうぞ宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月05日 17時41分(匿名さんの相談)

とある会社に株式での出資を検討しています。出資比率に応じて子会社、関連会社の判定となるのは理解しています。財務諸表等規則には、その有することとなる議決権比率が自己の計算において、子会社判定においては50%以下40%以上、関連会社においては20%未満15%以上、の場合には、特定の要件事実に該当すれば、子会社または関連会社に該当すると記載があります。逆にいえば、自己の計算において議決権がこれら比...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月01日 11時46分(H.YMさんの相談)

社内レイアウト変更で簿価のある備品等の固定資産を除却、ないしは従業員に寄贈しようと思っております。この場合、税務・会計上の取り扱いはどのようになりますでしょうか。証憑としては稟議書でよろしかったでしょうか。また処理のタイミングは稟議書等の決済日、ないしは据え付けから移動した日、でしょうか。

よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月24日 17時18分(匿名さんの相談)

これまで自己資金で事業を行ってきましたが、事業が好転せず外部資金の調達も検討しなければならない状況になりつつあります。。(創業:赤字、数年:黒字、最近:赤字連続)。他方で、当方(社長)保証は差し入れたくありません。こんな都合のいい条件で調達できる先はあるものでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月10日 13時08分(生産管理さんの相談)

これから新たなバリューチェーンとして当社製品の製造を外部へ委託し、製品製造に必要な部品の一部を当社から無償支給で対応頂く方向になりそうです。そこでこの無償支給部品の費用計上時期についてどのタイミングが適切なのでしょうか。例えば、当社の倉庫から出荷したタイミングがいいのか、あるいは、外部から製品を検収したタイミングがいいのか、悩んでおります。契約は請負契約で、無償支給の部品も適正量だけを支給し...

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月06日 09時38分(おっとっとさんの相談)

株式買収にあたり対象会社の株式価値の評価を行います。教科書を見るとDCF法というのが株式評価手法の中心のような記載がありますが、DCF法算定式の構成要素の一つであるリスクフリーレートとはどのレートを指すのでしょうか。本によっては国債の利回りとありますが、この超低金利の中、現在の国債利回りを使うことにも違和感があります。ご教示宜しくお願いします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月27日 16時40分(チャンピョンさんの相談)

初めてM&Aで同業他社を買収予定です。きっかけはM&Aの仲介会社からの提案でした。これまで仲介会社への費用は微々たるものだったのですが、案件クロージング時にはかなりの仲介手数料が発生する見込みです。。そこでご質問になりますが、このM&A実施の際の仲介会社への仲介手数料については株式取得に伴う費用ということで株式取得原価に算入しなければならないのでしょうか。あるいは、営業外費用として処理しても...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月21日 15時19分(あっきーなさんの相談)

恥ずかしながら監査でどのようなチェックを受けているか知らず、
しかも最近になって見積資料に「決裁日」を記入するようになり…
以下が問題になるか確認したい次第です。

①疑問点
見積資料一式の日付(整合性)は、監査対象となるか?
②経緯
最近、見積伺に「決裁日」を記す事となったが、日付の意味が説明されておらず
どのような日付を記入するのか分からない。
③具体例
見積伺作成日...

5件の書き込み
ベストアンサーがあります
2018年06月20日 10時29分(匿名さんの相談)

来期から大会社監査の対象となります。監査契約のタイミングと株主総会における会計監査人の選任タイミングについてご教授をお願いできませんでしょうか。
例えば、×1年4月開始の事業年度から会計監査の対象期間となる場合に、×1年6月に実施する株主総会で会計監査人の選任議案及びその決議を経て、同月に監査契約を締結するのでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月19日 14時48分(匿名さんの相談)

最近仲介会社からM&Aについて提案を受ける機会があります。魅力的な案件にいつでも対応できるような準備をしておきたいと思います。例えば、以下の観点やその他事前に準備・留意しておくべきポイントはありますでしょうか。
・定款変更は必要でしょうか。
・買収資金の相談に銀行は有効なのでしょうか。
・どのタイミングで取締役会や株主総会が必要でしょうか。
・会計面・税務面ではどのようになるのでしょ...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月13日 13時52分(Okさんの相談)

先月会社を設立しました。会社の設立準備期間に半年程要しましたが、その際には会社の設立に伴い色々な経費等の発生がありました。会社設立準備に伴う費用は全て創立費として処理しても構わないのでしょうか(以下発生した経費等の例です)。
・レストランでの飲食費(今後の会社運営の打ち合わせを友人と行った)
・会社設立の参考にするために参加したイベント参加費、及びその交通費
・パソコン購入費
・オフ...

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月12日 16時53分(匿名さんの相談)

当社は複数店舗を展開する小売業者です。この度採算性の低いいくつかの店舗の撤退を検討しております。店舗の中には店舗やリースの契約について途中解約に該当するため解約料も発生します(解約料の概算額も相手方より報告を受けております)。
そこでご質問になりますが、この店舗撤退に伴い発生する費用は確定する前に引当金計上しなければならないのでしょうか。また、どのタイミングで計上するのでしょうか。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月04日 12時30分(KOさんの相談)

まだまだ資金的な余裕がなく決算準備も自分でやっていく予定です。。ふと思ったのですが、公共交通機関を利用した際に領収書の取得をいちいち行っていなかったのですが、領収書がなくても公共交通機関の利用料は経費処理しても大丈夫でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月30日 13時03分(匿名さんの相談)

大型の設備投資を計画したいと思っています。それに伴い新たな資金調達も検討しなければなりません。当社の販売先は比較的優良な先が多いですので、その売掛金を使った資金調達も一つの手段かと思っております。その中で、売掛金担保融資(いわゆるABL)と売掛債権譲渡(いわゆるファクタリング)の違いやそれぞれの有用性等について教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いします。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月28日 13時00分(日本在住さんの相談)

お世話様です。当社は今度、大規模なプロジェクト投資を行います。プロジェクトに必要な資金は自己資金と外部金融機関からの調達を想定します。プロジェクト期間は1年超要する見込みで、その際に発生する支払金利は営業外費用として処理しなければならないのでしょうか。あるいはプロジェクトに要する費用として取得原価に算入することも認められるのでしょうか。ご教示宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月26日 08時58分(KOさんの相談)

会社設立後初めて売上が上がりそうです。そこでご質問になります。
当社は商品発送前にお客様に先払いをお願いしております。その入金が確認できた段階で商品をお客様に発送し、商品に誤りがないかお客様にてご確認頂く流れまで想定しております。この一連の流れの中で売上を計上できるタイミングはいつになりますでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月21日 20時53分(匿名さんの相談)

今年初めに他社を買収しました。その際にのれんが発生したのですが、のれんの償却期間は20年以内とありました。通常どの程度の期間で償却するものでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月18日 21時48分(もうそろそろ退社できる。。さんの相談)

先日グループ会社の再編で子会社と孫会社を合併させました。孫会社が存続会社、子会社が消滅会社で、逆さ合併を行いました。その際に生じた自己株式ですが、この自己株式についていつまでに消却しなければならないのでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月17日 12時11分(晴れ時々曇りさんの相談)

外部アドバイザーとともに出張し、その出張に要した経費の請求が当社にありました。経費請求は契約上かわしたことなので特に問題ないのですが、その際のアドバイザーが支出した交通費や宿泊費等は当社の従業員が支出した経費のように処理するものなのでしょうか。例えば、交通費という勘定科目で、かつ、課税仕入として処理する等。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 10時07分(匿名さんの相談)

中小企業の経理部門で働いています。新規PCを購入したのですが、10万円におさまりませんでした。これは固定資産に計上しなければなりませんか。それとも費用でも大丈夫ですか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月13日 06時52分(匿名さんの相談)

新規のお客さんも徐々に増え、社内インフラの改良や新規採用をさらに積極的に行っていきたいと思っています。ただ、必要資金の調達で少し悩んでいます。。最近ではカネ余りと聞きますが、どのような調達がベストでしょうか。

3件の書き込み/ 3名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月09日 17時57分(匿名さんの相談)

期中に増資をし資本金が5億円以上となるためいわゆる大会社に該当することになります。会社法上の監査対象とのことですが、いつから監査のお願いをするものなのでしょうか。

1件の書き込み
2018年05月09日 17時15分(匿名さんの相談)

当社は中小企業です。大きなプロジェクトの完了後に社内メンバーとともに居酒屋で慰労会を行いました。これはいわゆる交際費として処理できるものなのでしょうか。

2件の書き込み
2018年05月06日 09時30分(匿名さんの相談)

外部からの資金調達を検討しています。その中で退職金の引当計上要否の質問を関係者より受けました。当社は中小企業で資金の余裕があまりないため、年金の運用結果で受取額が変動するいわゆる確定拠出型のタイプを利用しています。その関係者は退職金規定があるなら引当計上が必要では、とのことでしたが、どうなんでしょうか。。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月06日 08時53分(匿名さんの相談)

当社はとある会社の買収を検討しています。対象会社のバリュエーション実施に際してデットライクの評価で少し悩んでいます。通常どのようなものをデットライク項目として株式評価額に反映させていますでしょうか。
ご教示宜しくお願い致します。

3件の書き込み
2018年05月06日 08時23分(匿名さんの相談)

特別清算開始の要件に「債務超過の疑い」とありますが、この疑いを検証するために必要な手続は何か必要でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月05日 20時21分(T.Oさんの相談)

税制のルールが変わったようですが背景はなんでしょうか?

1件の書き込み
2018年04月18日 13時05分(匿名さんの相談)

まだまだ小さな会社ですが将来的な目標としては上場を視野に入れたいと思っています。
比較的事業も順調に大きくなっているためそろそろ準備に入りたいなと考えております。
そこで内部統制の構築、という課題にぶち当たりそうです。。
これまで事業を大きくすることに注力するあまり、内部の管理体制がかなり脆弱かと思っております。
このようなご経験のある方々、どうされましたでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月18日 05時17分(匿名さんの相談)

当社は比較的大きな製造メーカー(売上高100億円規模)です。
しかし、これまで原価計算がしっかりできていたとは言い難い状況です。
適切な原価計算が計算されるような体制作りの検討を始めたのですが、システム導入を前提にするのがいいのか迷っています。
どのようなステップで検討を進めていけば宜しいのでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年04月16日 12時56分(匿名さんの相談)

資金調達手段として普通株式ではなく優先株式での出資条件が当社への出資検討企業からありました。
優先株のメリットやデメリット・リスクについてご教示頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年03月26日 04時14分(匿名さんの相談)

当社はベンチャー企業です。
優秀な人材確保のためにストックオプションを設計したいと思っていますが、どのような方にその設計をお願いすればいいのでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年03月22日 20時29分(匿名さんの相談)

買い手サイドから当社に色々と表明保証を入れるよう要請があります。物凄く細かいなと思うところもあるのですが、このあたりは一般的な程度というのはあるものなのでしょうか。
当社は中小企業でこれまでM&Aには無縁の会社でした。
どうぞよろしくお願いいたします。

2件の書き込み
2018年03月10日 23時09分(匿名さんの相談)

おかげさまで当社の業績はこれまで順調推移しておりますが、同時に次世代への経営のバトンタッチも考え始めています。
会社の株式評価がどの程度か試算したことはありませんが、次世代へのバトンタッチを考えた場合には株式評価額は低い方が税務的にはメリットがありそうかなと思っております。
株式評価額を引き下げるための秘策はあるものなのでしょうか。
節税対策は特にこれまで何もしてきてりません。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年02月26日 22時41分(匿名さんの相談)

当社は上場しているわけではないのですが、新規の銀行さん等とお話しする際に、「御社は監査を受けられていますか?」と聞かれることがあります。
監査を受けている場合とない場合ではそんなに印象は違うものなのでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月29日 16時11分(匿名さんの相談)

外部からの資金調達を考えています。
事業計画の提出を求められているのですが、どのようなことを記載していけばよいのでしょうか。
最低限必要な項目とあった方がいい項目、等教えて頂けないでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月23日 18時54分(匿名さんの相談)

上場に向けて必用となる監査法人の選定ですが、皆様どのように行っていますでしょうか。

2件の書き込み
2018年01月10日 12時30分(匿名さんの相談)

アメリカ西海岸の方に子会社の設立を行う予定です。どんなことが必要になりますでしょうか。

1件の書き込み
2018年11月14日 11時49分(らおさんの相談)

当社に子会社があり、当社籍の従業員が昨年度より当該子会社のために子会社常駐で業務を支援しておりました。ただ、子会社からはこの業務に関するコストの負担はしてもらってはいなかったのですが、業務の実態を踏まえると業務委託契約のような内容でありそれに係るコストを子会社にチャージするのが適切であろう、という議論になっています。その場合、仮に、昨年度分からの業務委託費をチャージする場合には、税務上は修正...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年11月12日 12時07分(匿名さんの相談)

タイトルの2点についてご教示ください。
①当社商品をお客様へ無償提供した際の仕訳はどうなりますでしょうか。
例)販促費××/商品××、あるいは、寄付金××/商品××
②逆に、無償提供を受けた場合には処理は必要でしょうか(特段、支払いは生じません)

宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月30日 07時38分(匿名さんの相談)

当社は株式譲渡制限会社です。従業員持持株会は従業員の福利厚生の一環としてこれまで運用しています。実はこれから退職される予定の方から従業員持株会による退職予定者からの株式取得価格について問い合わせがきております。規約では退職する従業員は取得した株式の購入価格(取得価格)で従業員持株会に売却する規定になっているのですが、おかげさまで当社の業績はここ最近好調なことを理由にして、取得価格での売却では...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月18日 11時44分(匿名さんの相談)

タイトルについてご教示願いませんでしょうか。設置は今年の夏で、決算期は12月末です。エアコン本体とエアコン設置工事費用、いずれも経費計上可能でしょうか。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 14時38分(匿名さんの相談)

役員(創業者)から会社として借入を行いました。この役員からの借入金は貸借対照表上、「短期借入金」、「長期借入金」いずれで表示すればいいのでしょうか。あるいは「借入金」の前に「役員」とつけて「短期役員借入金」、あるいは「長期役員借入金」でしょうか。表示の仕方で外部利害関係者へのアピールが変わったりしますでしょうか。
ご指導頂ければ助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月10日 13時00分(匿名さんの相談)

特例有限会社の全株式の取得を検討しています。特例有限会社の株式を取得するには特例有限会社において総株主の半数以上、かつ、総株主の議決権の4分の3以上の賛成があれば株式を取得できるという理解でいいのでしょうか。株式を取得しても、有限会社から株式会社に組織変更をしなければならない、ということではない、という理解でいいのでしょうか。ご助言頂けますと助かります。

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 12時46分(匿名さんの相談)

度々で恐縮です。初決算を迎えるにあたり、下記についてご教示をお願いできませんでしょうか。
税務申告書に添付する決算報告書について、その中で求められる個別注記表を作成するにあたり会社計算規則98条の規定に従い作成をしていきたいのですが、98条第1項15号の「その他の注記」とは何を意味するのでしょうか。当社は、非公開会社のため、98条第2項1号により同条第1項の一部の注記は省略可能、との状況です。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月25日 07時57分(匿名さんの相談)

お忙しいところ恐れ入りますが、下記ご教示ください。
今年度初決算を迎えます。これまでの取引の整理と請求書等の整理を始めています。いくつか領収書の宛名がブランクのもの、略字のもの、立替者の名前、等、会社名ではないものがあります。これらは経費として認識しても大丈夫でしょうか。

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月21日 10時31分(マネージャーさんの相談)

今年度の決算について、初めて投資家に配当を払えそうな状況になりそうです。そこで分配可能額の試算を行っているところなのですが、この分配可能額の上限まで配当といっても配当金を支払うための預金がない場合、預金額を上限として考えればいいのでしょうか。経理知識が希薄なため若干混乱しております。。
アドバイスについてお願いできれば大変に助かります。
宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月20日 12時57分(Nokkoさんの相談)

営業用車両を下取りにだして新車を購入します(未だ納車されていません)。その場合に会計上の仕訳では新車購入と下取り車両を合わせて売却損益を計算すると理解していますが、消費税の課税売上の認識ではどのようにすればよろしいのでしょうか。当社は簡易課税制度を採用しているためどのように認識するのか確認したい次第です。
アドバイスを宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月14日 15時26分(匿名さんの相談)

経理事務を担当しています。今年度が確定申告の最初の年度となります。まだまだ小さいな会社で資金も安定していません。その中で、必要に応じて社長のポケットマネーで会社の経費を負担している場合が何回かあります。会社運営に必要なものなので、会社の経費として認識しなければなりませんか?その場合、どのような処理をすれば宜しいのでしょうか?社長に負担してもらったものを全て会社で負担するほどに資金はない状況で...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 11時29分(匿名さんの相談)

改めての質問です。。。
ファイナンス面の手当で金融機関と相談するケースが何回かあります。その中のやり取りで企業価値評価(株式価値評価)を議論する際にEBITDAマルチプル(倍率)をよく使います。何か理由があるのでしょうか。。
素人質問で恐縮ですが、ご教示の程よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月13日 08時38分(匿名さんの相談)

経営企画部にて事業投資(事業会社の増資引き受け)を検討しています。対象会社のバリュエーション方法についてご教示ください。
対象会社は業歴も相応に長く確定給付型の退職金制度があります。貸借対照表には退職給付引当金が計上されていますが、これはネットデットアイテムとしてバリュエーションを行う場合には(エクイティバリューを計算する場合には)控除するべき性質でしょうか。色々調べてみたのですが、上手く...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月12日 21時01分(匿名さんの相談)

当社の社内管理体制が不十分で、返済期日を5年経過してしまった貸付金があり、その処理で悩んでいます(時効の中断については失念。。)。
貸付先は特に時効の援用を行っていないため未だ貸付金の権利は消滅していないとの認識です。ただ、下手にこちらからアプローチして時効を援用してしまわれると貸付金が消滅してしまうので貸付先になかなかアプローチもできない状況です(故に資産状況等は不明)。このような場合に...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月07日 08時49分(匿名さんの相談)

当社はホームページ作成会社です。当方一人会社です。
最近ホームページの作成や機能バージョンアップの依頼が増えてきているので、外部のエンジニアに応援を頼もうと思っております。
その際に一つ疑問があります。
依頼者からの売上金の一部で外部エンジニアの報酬にあてがう予定なのですが、仕訳としてはどのようになりますでしょうか。
例えば、依頼者からの売上金が50万円、外部エンジニアへの支払いが3...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月02日 19時04分(匿名さんの相談)

仲介会社からM&Aの売り案件の紹介を受けました。未だ社内では緩い検討の中ではありますが、M&Aで実施するデューデリジェンス(DD)についてご教示ください。
M&Aを実施した他の会社の知人に話を聞くと、財務税務DDと法務DDについては実施している企業がほとんどですが、事業DD、不動産DD、その他DDを実施した、という話はあまり聞きません。M&Aの一般書籍には事業DDや不動産DD等の重要性がか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月31日 08時56分(匿名さんの相談)

当社は飲食業ですが、資本金はそれ程大きくありません。最近では赤字が続き、必要資金は社長、あるいはその他役員からの借入金で賄っています。今後の決算対応(出来上がりの決算書の自己資本が極めて小さくなってしまうためそれを回避)というところもありますが、この社長借入金・役員借入金を資本に組み入れる、あるいは債務免除を受ける、等はこの目的にかなうものなのでしょうか。留意点についてご指導頂けますと幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月27日 09時52分(匿名さんの相談)

下記宜しくお願い致します。
最近投資ファンドからの投資提案があるのですが、彼らの提案の中に「ハンズオンでバリューアップを図る」とあります。ネットで調べてみると投資ファンドの投資後の関与方法には、大きくハンズオンスタイルとハンズオフスタイルがあるようです。具体的な関与方法について教えて頂けないでしょうか。
ご教示頂ければ幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月20日 12時31分(匿名さんの相談)

はじめまして。
 
今年初めに会社登記を完了しました。当面は取引回数も少ないと思われるため経理関係も自分で行う予定です。是非教えて頂ければと思い領収書の宛先について相談させて下さい。
 
領収書の宛先についてこれまで意識せずに、会社名以外に、空欄、上様、会社略字、個人名でもこれまで受け取っておりました。いずれも事業との関連がある出費ですが、経費として認めてもらえるのでしょうか。。
...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月10日 12時16分(パイナップルさんの相談)

当社の社長と株主は同一人物です。創業以来特に外部借入金もなく事業は回っております。おかげ様で、ここ最近は、お客様からの引き合いが格段に増えてきている一方、いわゆる運転資金としての資金手当の検討が必要になってきました。社長に相談したところ、社長のポケットマネーから会社に貸し付けるよ、という案内を頂いたのですが、仮に社長から運転資金を借りた場合にはどの程度の利息(利率)を設定すればいいのでしょう...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 15時22分(匿名さんの相談)

当社はB2C事業でこれまで現金取引をメインとしてきました。今後は信販会社と契約をしてクレジットカード決済も可能にしようと考えています。その際に少し気になるところとして、クレジットカード決済による販売を行った場合には、信販会社への支払手数料を控除して売上を計上しても問題ないものでしょうか。実際に入金ベースで記帳をした方が煩雑でないためです。仮にそれが可能な場合には、信販会社への支払手数料を控除...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月09日 08時26分(K.Iさんの相談)

「未公開株式の譲渡方法」というタイトルで質問させて頂きましたが、立て続けの質問で申し訳ありません。
会社が買取を行う場合、純資産やキャッシュフロー等を基準にして買取価格を算定するのが一般的ということですが、純資産は貸借対照表から毎年分かるのですが、キャッシュフローというのが分かりません。その場合にはどのように買取価格を算定するものなのでしょうか。一般論でも構いませんので、アドバイスの程、よ...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月08日 12時51分(匿名さんの相談)

現在会社を経営している者です。長年会社経営をしてきましたが、少し別の興味がでてきたことと、正直、経営するプレッシャーから解放されたい、という思いからM&Aでの売却を検討しています(仲介会社からもいくつか提案を受けています)。実は、会社が借りている銀行借入に個人保証がついていて、今回、仮に全株式を売却すればこの個人保証は自動的に解除される、ということでよかったのでしょうか。あるいは、少し勉強し...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月06日 15時26分(K.Iさんの相談)

以前にIPO目指していた会社の株式を購入しました。現在はほぼその夢もなくなってしまいました。この株式を発行会社に取得価格と同額で買い取らせたいのですが、法律的には可能なものでしょうか。

アドバイスについてどうぞ宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月05日 17時41分(匿名さんの相談)

とある会社に株式での出資を検討しています。出資比率に応じて子会社、関連会社の判定となるのは理解しています。財務諸表等規則には、その有することとなる議決権比率が自己の計算において、子会社判定においては50%以下40%以上、関連会社においては20%未満15%以上、の場合には、特定の要件事実に該当すれば、子会社または関連会社に該当すると記載があります。逆にいえば、自己の計算において議決権がこれら比...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月01日 11時46分(H.YMさんの相談)

社内レイアウト変更で簿価のある備品等の固定資産を除却、ないしは従業員に寄贈しようと思っております。この場合、税務・会計上の取り扱いはどのようになりますでしょうか。証憑としては稟議書でよろしかったでしょうか。また処理のタイミングは稟議書等の決済日、ないしは据え付けから移動した日、でしょうか。

よろしくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月24日 17時18分(匿名さんの相談)

これまで自己資金で事業を行ってきましたが、事業が好転せず外部資金の調達も検討しなければならない状況になりつつあります。。(創業:赤字、数年:黒字、最近:赤字連続)。他方で、当方(社長)保証は差し入れたくありません。こんな都合のいい条件で調達できる先はあるものでしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月10日 13時08分(生産管理さんの相談)

これから新たなバリューチェーンとして当社製品の製造を外部へ委託し、製品製造に必要な部品の一部を当社から無償支給で対応頂く方向になりそうです。そこでこの無償支給部品の費用計上時期についてどのタイミングが適切なのでしょうか。例えば、当社の倉庫から出荷したタイミングがいいのか、あるいは、外部から製品を検収したタイミングがいいのか、悩んでおります。契約は請負契約で、無償支給の部品も適正量だけを支給し...

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年07月06日 09時38分(おっとっとさんの相談)

株式買収にあたり対象会社の株式価値の評価を行います。教科書を見るとDCF法というのが株式評価手法の中心のような記載がありますが、DCF法算定式の構成要素の一つであるリスクフリーレートとはどのレートを指すのでしょうか。本によっては国債の利回りとありますが、この超低金利の中、現在の国債利回りを使うことにも違和感があります。ご教示宜しくお願いします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月27日 16時40分(チャンピョンさんの相談)

初めてM&Aで同業他社を買収予定です。きっかけはM&Aの仲介会社からの提案でした。これまで仲介会社への費用は微々たるものだったのですが、案件クロージング時にはかなりの仲介手数料が発生する見込みです。。そこでご質問になりますが、このM&A実施の際の仲介会社への仲介手数料については株式取得に伴う費用ということで株式取得原価に算入しなければならないのでしょうか。あるいは、営業外費用として処理しても...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月21日 15時19分(あっきーなさんの相談)

恥ずかしながら監査でどのようなチェックを受けているか知らず、
しかも最近になって見積資料に「決裁日」を記入するようになり…
以下が問題になるか確認したい次第です。

①疑問点
見積資料一式の日付(整合性)は、監査対象となるか?
②経緯
最近、見積伺に「決裁日」を記す事となったが、日付の意味が説明されておらず
どのような日付を記入するのか分からない。
③具体例
見積伺作成日...

5件の書き込み
ベストアンサーがあります
2018年06月20日 10時29分(匿名さんの相談)

来期から大会社監査の対象となります。監査契約のタイミングと株主総会における会計監査人の選任タイミングについてご教授をお願いできませんでしょうか。
例えば、×1年4月開始の事業年度から会計監査の対象期間となる場合に、×1年6月に実施する株主総会で会計監査人の選任議案及びその決議を経て、同月に監査契約を締結するのでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月19日 14時48分(匿名さんの相談)

最近仲介会社からM&Aについて提案を受ける機会があります。魅力的な案件にいつでも対応できるような準備をしておきたいと思います。例えば、以下の観点やその他事前に準備・留意しておくべきポイントはありますでしょうか。
・定款変更は必要でしょうか。
・買収資金の相談に銀行は有効なのでしょうか。
・どのタイミングで取締役会や株主総会が必要でしょうか。
・会計面・税務面ではどのようになるのでしょ...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月13日 13時52分(Okさんの相談)

先月会社を設立しました。会社の設立準備期間に半年程要しましたが、その際には会社の設立に伴い色々な経費等の発生がありました。会社設立準備に伴う費用は全て創立費として処理しても構わないのでしょうか(以下発生した経費等の例です)。
・レストランでの飲食費(今後の会社運営の打ち合わせを友人と行った)
・会社設立の参考にするために参加したイベント参加費、及びその交通費
・パソコン購入費
・オフ...

4件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月12日 16時53分(匿名さんの相談)

当社は複数店舗を展開する小売業者です。この度採算性の低いいくつかの店舗の撤退を検討しております。店舗の中には店舗やリースの契約について途中解約に該当するため解約料も発生します(解約料の概算額も相手方より報告を受けております)。
そこでご質問になりますが、この店舗撤退に伴い発生する費用は確定する前に引当金計上しなければならないのでしょうか。また、どのタイミングで計上するのでしょうか。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年06月04日 12時30分(KOさんの相談)

まだまだ資金的な余裕がなく決算準備も自分でやっていく予定です。。ふと思ったのですが、公共交通機関を利用した際に領収書の取得をいちいち行っていなかったのですが、領収書がなくても公共交通機関の利用料は経費処理しても大丈夫でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月28日 13時00分(日本在住さんの相談)

お世話様です。当社は今度、大規模なプロジェクト投資を行います。プロジェクトに必要な資金は自己資金と外部金融機関からの調達を想定します。プロジェクト期間は1年超要する見込みで、その際に発生する支払金利は営業外費用として処理しなければならないのでしょうか。あるいはプロジェクトに要する費用として取得原価に算入することも認められるのでしょうか。ご教示宜しくお願い致します。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月17日 12時11分(晴れ時々曇りさんの相談)

外部アドバイザーとともに出張し、その出張に要した経費の請求が当社にありました。経費請求は契約上かわしたことなので特に問題ないのですが、その際のアドバイザーが支出した交通費や宿泊費等は当社の従業員が支出した経費のように処理するものなのでしょうか。例えば、交通費という勘定科目で、かつ、課税仕入として処理する等。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月13日 10時07分(匿名さんの相談)

中小企業の経理部門で働いています。新規PCを購入したのですが、10万円におさまりませんでした。これは固定資産に計上しなければなりませんか。それとも費用でも大丈夫ですか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年05月06日 08時23分(匿名さんの相談)

特別清算開始の要件に「債務超過の疑い」とありますが、この疑いを検証するために必要な手続は何か必要でしょうか。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年04月18日 05時17分(匿名さんの相談)

当社は比較的大きな製造メーカー(売上高100億円規模)です。
しかし、これまで原価計算がしっかりできていたとは言い難い状況です。
適切な原価計算が計算されるような体制作りの検討を始めたのですが、システム導入を前提にするのがいいのか迷っています。
どのようなステップで検討を進めていけば宜しいのでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年03月26日 04時14分(匿名さんの相談)

当社はベンチャー企業です。
優秀な人材確保のためにストックオプションを設計したいと思っていますが、どのような方にその設計をお願いすればいいのでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年02月26日 22時41分(匿名さんの相談)

当社は上場しているわけではないのですが、新規の銀行さん等とお話しする際に、「御社は監査を受けられていますか?」と聞かれることがあります。
監査を受けている場合とない場合ではそんなに印象は違うものなのでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年01月29日 16時11分(匿名さんの相談)

外部からの資金調達を考えています。
事業計画の提出を求められているのですが、どのようなことを記載していけばよいのでしょうか。
最低限必要な項目とあった方がいい項目、等教えて頂けないでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
該当する相談がありません。
相談の投稿を待っている士業・コンサルタントが控えています。
まずは気軽にご投稿ください。
相談を投稿する
2018年10月26日 10時54分(匿名さんの相談)

来期の資金調達を反映した事業計画を策定しています。現在、金融機関から内諾を得た借入額を事業計画に反映しても未だ資金の不足がある状態です(暫く赤字を想定するため)。このような事業計画を策定することは問題ないのでしょうか。資金が不足しているものを事業計画と呼ぶことに違和感がある一方、未だ不足資金の調達先の見込みがない中で、それを織り込むことにも違和感を感じるところです。
どのように考えればいい...

2件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年10月22日 12時33分(起業さんの相談)

前期起業し、役員1名(当方)、事務員1名の体制です。受注見込みがあっての起業でしたので前期は役員報酬発生。しかし、今期途中から前期の受注先との契約が解消となり売上は途中からほぼなし。このような状況から役員報酬をゼロとせざるを得ないのですが、そうなると今期途中までの月額役員報酬(定期同額)とズレが生じてしまいます。そこで、役員報酬××/未払金××、という会計仕訳でしばらく乗り切ろうと思っていま...

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月30日 13時03分(匿名さんの相談)

大型の設備投資を計画したいと思っています。それに伴い新たな資金調達も検討しなければなりません。当社の販売先は比較的優良な先が多いですので、その売掛金を使った資金調達も一つの手段かと思っております。その中で、売掛金担保融資(いわゆるABL)と売掛債権譲渡(いわゆるファクタリング)の違いやそれぞれの有用性等について教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いします。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月26日 08時58分(KOさんの相談)

会社設立後初めて売上が上がりそうです。そこでご質問になります。
当社は商品発送前にお客様に先払いをお願いしております。その入金が確認できた段階で商品をお客様に発送し、商品に誤りがないかお客様にてご確認頂く流れまで想定しております。この一連の流れの中で売上を計上できるタイミングはいつになりますでしょうか。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月21日 20時53分(匿名さんの相談)

今年初めに他社を買収しました。その際にのれんが発生したのですが、のれんの償却期間は20年以内とありました。通常どの程度の期間で償却するものでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月18日 21時48分(もうそろそろ退社できる。。さんの相談)

先日グループ会社の再編で子会社と孫会社を合併させました。孫会社が存続会社、子会社が消滅会社で、逆さ合併を行いました。その際に生じた自己株式ですが、この自己株式についていつまでに消却しなければならないのでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 06時52分(匿名さんの相談)

新規のお客さんも徐々に増え、社内インフラの改良や新規採用をさらに積極的に行っていきたいと思っています。ただ、必要資金の調達で少し悩んでいます。。最近ではカネ余りと聞きますが、どのような調達がベストでしょうか。

3件の書き込み/ 3名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月09日 17時57分(匿名さんの相談)

期中に増資をし資本金が5億円以上となるためいわゆる大会社に該当することになります。会社法上の監査対象とのことですが、いつから監査のお願いをするものなのでしょうか。

1件の書き込み
2018年05月09日 17時15分(匿名さんの相談)

当社は中小企業です。大きなプロジェクトの完了後に社内メンバーとともに居酒屋で慰労会を行いました。これはいわゆる交際費として処理できるものなのでしょうか。

2件の書き込み
2018年05月06日 09時30分(匿名さんの相談)

外部からの資金調達を検討しています。その中で退職金の引当計上要否の質問を関係者より受けました。当社は中小企業で資金の余裕があまりないため、年金の運用結果で受取額が変動するいわゆる確定拠出型のタイプを利用しています。その関係者は退職金規定があるなら引当計上が必要では、とのことでしたが、どうなんでしょうか。。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月06日 08時53分(匿名さんの相談)

当社はとある会社の買収を検討しています。対象会社のバリュエーション実施に際してデットライクの評価で少し悩んでいます。通常どのようなものをデットライク項目として株式評価額に反映させていますでしょうか。
ご教示宜しくお願い致します。

3件の書き込み
2018年05月05日 20時21分(T.Oさんの相談)

税制のルールが変わったようですが背景はなんでしょうか?

1件の書き込み
2018年04月18日 13時05分(匿名さんの相談)

まだまだ小さな会社ですが将来的な目標としては上場を視野に入れたいと思っています。
比較的事業も順調に大きくなっているためそろそろ準備に入りたいなと考えております。
そこで内部統制の構築、という課題にぶち当たりそうです。。
これまで事業を大きくすることに注力するあまり、内部の管理体制がかなり脆弱かと思っております。
このようなご経験のある方々、どうされましたでしょうか。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年04月16日 12時56分(匿名さんの相談)

資金調達手段として普通株式ではなく優先株式での出資条件が当社への出資検討企業からありました。
優先株のメリットやデメリット・リスクについてご教示頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年03月22日 20時29分(匿名さんの相談)

買い手サイドから当社に色々と表明保証を入れるよう要請があります。物凄く細かいなと思うところもあるのですが、このあたりは一般的な程度というのはあるものなのでしょうか。
当社は中小企業でこれまでM&Aには無縁の会社でした。
どうぞよろしくお願いいたします。

2件の書き込み
2018年03月10日 23時09分(匿名さんの相談)

おかげさまで当社の業績はこれまで順調推移しておりますが、同時に次世代への経営のバトンタッチも考え始めています。
会社の株式評価がどの程度か試算したことはありませんが、次世代へのバトンタッチを考えた場合には株式評価額は低い方が税務的にはメリットがありそうかなと思っております。
株式評価額を引き下げるための秘策はあるものなのでしょうか。
節税対策は特にこれまで何もしてきてりません。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年01月23日 18時54分(匿名さんの相談)

上場に向けて必用となる監査法人の選定ですが、皆様どのように行っていますでしょうか。

2件の書き込み
2018年01月10日 12時30分(匿名さんの相談)

アメリカ西海岸の方に子会社の設立を行う予定です。どんなことが必要になりますでしょうか。

1件の書き込み

このカテゴリーで活躍中の士業・コンサルタント

公認会計士
税理士
資金繰りに関するお悩みから解放されたい経営者の方はぜひ当会計事務所にご相談ください。
2002年に会計士試験に合格し、大手監査法人で金融機関を中心に約15年間会計監査に従事してきました。そのなかで資金繰りに困っている会社...
行政書士
外国人雇用専門の申請取次行政書士と士業グループが、外国人の募集や採用、就労ビザの取得、労務手続きまでワンストップでサポートします。
この度は、Ican行政書士事務所が運営する「外国人雇用支援センター」のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。最近、弊セン...
行政書士
入管・国際業務に特化、親切、丁寧、迅速な対応で高い許可率、完全英語対応可能
何よりもまずお客様の立場に立ってお話しを伺い、豊富な知識と経験に基づいて最善のアドバイスをいたします。不安に思われることがないよう、わかりにくい入管...
行政書士
高い専門性を提供していく事をコンセプトに活動しています。一人で悩まずご相談ください。出張無料相談受付しております。
はじめまして、行政書士の明石 勝です。身近な街の法律家として、関西。大阪を中心に活動しております。業務に関しましては、①気化...
行政書士
財務コンサルタント
証券会社出身の国際行政書士。 外国人の方の在留資格(ビザ)申請手続きと財務コンサルティングを掛け合わせたサービスをしています
当事務所は、外国人の方が日本で在留資格(ビザ)を取得するためのイミグレーション・コンサルティングと事業成功のための事業計画書作成や資金調達などの財務...
弁護士
企業法務、離婚(男女トラブル)、相続を3本の柱として活動しています。
不安や悩みを抱えてご相談にいらっしゃったお客様が、少しでも笑顔になれるように。こんな気持ちから、銀座の地に法律事務所を開業致しました。
税理士
「事業の継続と発展」のために、 試算表の信頼性を高め、 利益と資金繰りを検討し、 財務面からのアドバイスを大切にしています。
経理業務の適正化・効率化のサポートをしています。・月次チェックの精度をあげています。...
税理士
税務のみならず経営全般の相談にのります。
弁護士
【座右の銘】信用は無形の財産 必要とされる弁護士となれるよう日々精進します
香川県弁護士会所属善通寺法律事務所
税理士
様々な問題をご一緒に考え、ともに成長することをモットーとし、お客様との対話から信頼関係を築くことを目指しています。
染木会計事務所は皆様のご相談・お悩みを解決するためのパートナーを目指して活動しています。
公認会計士
税理士
沖縄で新規開業、クラウド会計のことなら税理士事務所おき会計へご相談ください。社会保険労務士も常駐!税務・労務もワンストップ支援!
那覇で新規開業・クラウド会計・給与(freee、MFクラウド)のご相談ならfreee...
公認会計士
税理士
当事務所はお客様の本来の事業活動以外の開業手続き、経理処理、申告業務をサポートします。
当事務所はお客様の本来の事業活動以外の開業手続き、経理処理、申告業務をサポートし、さらに資金調達方法の選択と実行可能性の検討までサポートいたします。...
税理士
会社設立、農業、介護の事業お手伝いをさせてください!
私は、会計事務所に20年弱勤務したのち、税理士資格取得の上、独立開業の道をたどりました。特に経営分析には多少なりとも自信はあります。
弁護士
メンタルヘルス対策を経営戦略に!労働問題の解決・予防だけでなく、健康な職場づくりを弁護士がワンストップでリーガルサポートします。
 当職は、1997年に弁護士登録をして以来、労災・過労死の問題に一貫して取り組んでまいりました。その経験から思うに、「もう少し早く弁護士に相談してい...
東京都 千代田区外神田6-16-9
税理士
会社設立・確定申告等税務に関することは当所にお任せ下さい。
中野税務会計事務所 代表税理士 中野です。税務に関するご相談がありましたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。
中野税務会計事務所
愛知県 名古屋市中区大須2-9-33
公認会計士
税理士
お客さまからの要望に対し、的確・迅速に選択肢をご提案いたします
税理士
東京都秋葉原の税務会計事務所
税理士
税理士は敷居が高いというイメージがありますが、当事務所の所長は34歳と若く相談しやすいです!
税理士と聞くとお堅いイメージがあるかもしれません。私は決して順風満帆に税理士となったわけではありません。大きな挫折を味わい、それを糧...
税理士
迅速な対応をモットーに、パソコン会計を中心として節税、黒字決算のアドバイスを行っています。
公認会計士
税理士
会計税務に関してお気軽にご相談ください。真摯に対応いたします。
税理士
行政書士
起業する方の支援に力を入れている事務所です
起業する方を全力で応援しています。創業融資、会社設立、経費になるものならないもの、会社を辞める前にした方がいいことなど起業を思い立たれたとき...
税理士
ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士
40年の信頼と実績&不動産ワンストップサービス
豊岡桃太税理士・FP事務所は、不動産まわりの会計・税務・相続に係るフィナンシャルアドバイス提供を行う会計事務所です。提携しております士業その他不動産...
公認会計士
税理士
「気持ちよく、楽しく、面白く」ビジネスを展開し、一緒に働いた者皆がハッピーになる、そんな関係をどんどん築いくことを目指しています。
私は税務会計事務所及び大手監査法人を経て、一般企業、ベンチャー企業にて、経理財務・人事...
公認会計士
税理士
行政書士
当事務所では、中小企業の経営者へのサポートを積極的に行っております。 税金対策から経営相談まで幅広く経営者の皆様の応援いたします。
港区赤坂の税理士、田中雅明です。青山一丁目から徒歩5分とアクセスにも便利! 田中税務会計事務所では主に東京都を中...
公認会計士
会計、内部統制、IPOに関する様々な案件を取り扱っております。お気軽にご相談ください。
平成3年より大手監査法人において法定監査、IPO支援、内部統制整備等の業務を行っていました。平成14年より1年間定額保護(ペイオフ)下におけ...
公認会計士
あずさ監査法人時代の多くのIPO準備会社のご支援を通し得た経験・知見を活かし皆様のお役に立てればと思います。
1989年に公認会計士2次試験に合格、同年朝日新和会計社(現 あずさ監査法人)に入社し、29年間、主としてIPO業務に関与してきました。
公認会計士
税理士
英語に強い会計士・税理士・米国税理士です。 認定支援機関です。
大手監査法人の一つである有限責任監査法人トーマツ(Deloitte)に入社。電力会社、製造業、小売業、金融機関等の上場会社を中心とした法定監査業務に...
税理士
皆様には本業に専念していただきたいので、ご用件がありましたらどんなに遠方でもこちらからお伺いいたします。
税理士
行政書士
ファイナンシャル・プランニング技能士
「税理士行政書士FP片岡事務所」は相続・不動産に関する事案をメインにお手伝いしております。
当事務所は特に相続に関するお手伝いに注力しております。相続は、一生に一度か二度、あるかないかの大きな出来事でございます。資産家であっ...
千葉県 千葉市稲毛区園生町390-47
税理士
経営計画と未来会計で次に打つ手を共に考えていきます! 国際税務も対応。
創業・起業の事業者を全力支援します。会計・税務以外に、融資調達、補助金申請の支援をしています。経理業務の効率化のためフリー、マネーフォワード...
税理士
当事務所は、「お客様にとってのベストを共に考える」をモットーにしており、常にお客様の視点に立ち、最適な方法を考え、支援してきたいと
私は、中小企業と上場企業の経理部、会計事務所勤務を経て、平成24年に税理士登録し、開業いたしました。(東京税理士会 豊島支部所属)「常に前進...
公認会計士
クライアントのニーズに応えるべく、あずさ監査法人で培ったスキル経験を提供
1981年(昭和56年)朝日会計社(現 有限責任 あずさ監査法人)に入社し、38年間、監査業務に従事し、2018年6月、有限責任 あずさ監査法人を定...
税理士
知的野生人間、知的野生企業を目指す、フットワークの軽い納税者の立場になって考える税理士です。
公認会計士
税理士
経営コンサルタント
会計・税務に関わる業務はすべて東京都港区の公認会計士・税理士 多田総合会計事務所にお任せ下さい。
その他、認定経営革新等支援機関として、スタートアップ企業が補助金、助成金を申請する際や、ベンチャー企業が借入、増資を行う際の資金調達サポート...
税理士
経営コンサルティングに力を入れた税理士です。 売上拡大、資金繰り、IT等に課題を感じている経営者さま、是非一度ご相談ください。
税理士
経営計画書と月次決算書を活用した未来志向の取り組みをする税理士事務所です。 経営支援をすることで、中小企業を元気にします。
38歳の若手税理士です。浜松市生まれ。大学卒業後、東京の大手医療・介...
税理士
みなさまの参謀役に。税理士HGS総合事務所
 わたしは、地方における個人会計事務所での10年間及び都心の税理士法人での10年間の勤務をつうじて、個人事業主から、中小企業(一般の事業会...
弁護士
【関内駅徒歩3分】【初回相談無料あり】 依頼者の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を徹底します。
わかりやすい説明を心がけます! 弁護士からの手紙を受け取ったり、裁判所での手続きを経験された方の多くが、まず初めに、専門...
神奈川県 横浜市中区相生町2-42-3
弁護士
ご依頼者様の立場に立ち、親身にご相談をお伺いし、 迅速に対応致します。 緻密に事案を分析し、ご依頼者様に最高の結果をもたらします。
東京弁護士会。久米法律事務所。
弁護士
相談者様の信頼に足る解決方針の提示を心がけております!
相談者様が納得出来る詳細なご説明を心がけております。受任に際しても丁寧なヒアリングを通じ、依頼者様一人一人...
東京都 台東区台東1-38-9
中小企業診断士
弁護士と連携し、「事業の発展に向けたアドバイスが出来る」法律顧問業務を提供してまいります。
法律問題における弁護士のサポート・事務所の経営分析や決算作業等の総務全般を主な業務としていますが、法律顧問をご依頼いただいているお客様に対しては顧問...
東京都 台東区台東1-38-9
弁護士
依頼者のため、依頼者とともに、紛争解決を目指します
 私の所属する飯塚総合法律事務所は,昭和47年に中央区京橋に開設した「飯塚孝法律事務所...
公認会計士
税理士
経営コンサルタント
財務コンサルタント
税務だけでなく、経営者のため様々なサービスを提供しています。
監査法人にて外資系大手金融機関、国内大手電機メーカ等の監査業務を経たのち、2001年に(株)KPMG FASの創設メンバーとして転籍。その後...
弁護士
お客様が弁護士であれば実現したいと思うすべてを実現します。財務顧問としての経験も活かし、お客様の利益最大化に貢献します。
1 強みさまざまな業種の会社から御依頼をいただいており、ノウハウの蓄積があります。中堅中小企業やベンチャー企業へのサポートに注力しており、...
公認会計士
税理士
行政書士
法令に準拠し、誠実に対応いたします。
平成22年、公認会計士試験合格後、個人事務所等で、会社法監査・公益法人監査・学校法人監査等を経験しながら、税理士の父親のもとで税務業務を行ってきまし...
公認会計士
税理士
国際税務に特に強みを有します。
公認会計士試験2次試験合格後、税理士法人中央青山(現、PwC税理士法人)に入所。PwCオーストラリアへの出向含め10年以上にわたり、国際税務...
公認会計士
税理士
お客様のために労を惜しみません。
Cenxus Acounting株式会社 代表取締役清流監査法人 パートナー
公認会計士
M&Aや企業再生の局面において、ベストなチームを組成いたします
監査法人にて、上場企業の法定監査、IPO支援、M&Aのデューデリジェンス業務に従事シンクタンクのコンサルティング部門にて、製薬...
公認会計士
税理士
私たちは、クラウド会計を活用したベンチャー企業支援に特化した渋谷の会計事務所です クラウド会計freeeの5つ星アドバイザーです!
私たちは、クラウド会計を活用したベンチャー企業支援に特化した渋谷の会計事務所ですこれまでのクラウド会計の導入実績は150社超、全国第...
公認会計士
税理士
われわれは、柔軟な思考と迅速な対応で、お客様の移り変わるニーズに対して、状況に応じた最適解をご提案していきます。
弁護士
説明がわかりやすく、話しやすく相談しやすい、経験24年の弁護士
弁護士経験24年目です。弁護士もサービス業の1つと考え、依頼者に、事件の見込み、方針、費用などを簡潔にわかりやすく説...
公認会計士
税理士
お客様に寄り添って一緒に考え、答えを見つけます。
センクサスグループ名古屋事務所長大学卒業後、メーカーにて経理を経験し、その後会計士試験を受けました。大手監査法人にて、内部統制...
公認会計士
税理士
不動産鑑定士
宅地建物取引士
会社、個人事業主の日々の活動を支える身近な専門家を目指しております。
公認会計士
税理士
経営者に寄り添って、会計や税務だけでなく事業全体の悩み・課題をご相談いただけるような存在を目指しています。
公認会計士
税理士
コンサルティングに強みを有する会計士·税理士です
Cenxus Consulting株式会社 代表取締役株式会社相続承継プランニング 取締役一般社団法人行奏舎 副理事長
公認会計士
税理士
お客様の要望に応え、常に変化していきます。
嘉陽田公認会計士・税理士事務所は、小規模事務所ならではの気軽に相談できる環境作りに力を入れ、「会社および経営者さまとともに成長していく」ことを理念と...
沖縄県 那覇市松尾1-10-24
公認会計士
税理士
ITコンサルタント
ITを駆使して、あなたのビジネスに伴走いたします。
ITに非常に強い公認会計士・税理士です。ビジネスにおいてITをより活用することによってあなたのビジネスを効率よくすることができます。
東京都 大田区田園調布2−9−5
税理士
相続税が得意です。 小規模事業者の味方です。 中期経営計画書作成します。
所長は九州大学理学部化学科の大学院修士課程修了後、京セラ、新日本製鉄等の大手メーカーで研究開発をしてました。特許を2つ程、取得しています。30歳の時...
税理士
経営コンサルタント
24年余メガバンクに勤務、税理士業務も出来る経営コンサルタントです。
24年間のメガバンク勤務と5年間の事業会社への経営再建出向の経験をベースに、会計・税務といった税理士業務に関わらず幅広く中小企業経営のサポートを行っ...
公認会計士
税理士
コミュニケーションを大切にする会計事務所
こんにちは。公認会計士・税理士の田畑雄平です。会計・税務業務から内部統制構築支援や...
大阪府 松原市上田2丁目2番17号
公認会計士
税理士
不動産鑑定士
会計・税務に最も強い不動産鑑定士です。
全国42都道府県(香川・高知・滋賀・佐賀・島根以外)の190以上の市町村で不動産鑑定業務の経験あり。民事再生関連の鑑定評価、M&A関連...
税理士
国税局で国際税務分野の税務調査を行ってきた元国際税務専門官、富裕層の資産移動や非居住者、租税条約手続きなどのエキスパートです。
東京国税局で外国の銀行や証券会社の税務調査をたくさん担当してきました。また、租税条約や非居住者税務などについては、東京国税局で、法令審...
弁護士
【有楽町駅徒歩1分】【初回相談無料】「現場重視」を心がけ、貴社の「利益の最大化」のために法務部門を全力でサポートします!
弁護士登録後、石嵜・山中総合法律事務所にて数多くの企業法務案件を担当。特に、使用者側の人事労務分野(採用から契約終了に至るまでの労務相談全...
経営コンサルタント
ITコンサルタント
ターンアラウンドマネージャーとしての知見を有しております。
事業会社での経験を生かし、ハンズオン方のターンアラウンドを数多く手がけてきました。よろしくお願いします。
司法書士
宅地建物取引士
個人・法人を問わず,様々な事件を取り扱っております。お気軽にご相談ください。
1976年生まれ、埼玉県出身。2004年司法書士試験合格後、不動産コンサルタント会社へ入社。コンサルタント会社と連携し司法書士法人立ち...
経営コンサルタント
財務コンサルタント
人事コンサルタント
長年赤字続きだった企業を1年で黒字化してきた経営再建のスペシャリストです
 私の仕事の軸は「企業再生」と「M&A」です。これまで50社を越える企業をご支援させて頂いております。 製造業から流通小売、サ...
経営コンサルタント
財務コンサルタント
企業再生・M&Aの経験を活かして課題を持つ企業をサポートしております
企業再生及びM&Aの専門家としてコンサルティングファーム、官民ファンド、民間プライベート・エクイティファンドにて多様な企業の案件を担当し、原...
公認会計士
税理士
個人・法人を問わず,様々な案件を取り扱っております。お気軽にご相談ください。
東京大学経済学部卒業。公認会計士試験合格後、日本最大手の税理士法人である税理士法人中央青山(現:税理士法人プライスウォーターハウスクーパース)にて税...
経営コンサルタント
経営者、CFO、経営企画へのサポートが可能です
投資ファンド投資先(民事再生法適用会社)での企業再生業務、投資ファンド投資先(売上2兆円規模の上場企業)における経営企画業務、投資ファンド...
公認会計士
税理士
100年企業の実現へ
私たち、みそら税理士法人(旧廣岡会計事務所)は、会計・税務はもちろんのこと、業績改善コンサルティング、資金調達(融資)コンサルティングなどを得意とし...
弁護士
公認会計士
企業での管理部門(法務・財務・税務)経験を活かした経営者に寄り添ったサービス提供をモットーとしています
大手監査法人にて7年間M&A支援等のサービスを、企業再建を得意とする法律事務所および政府系事業再生ファンドにて7年間企業再建支援サービスを提供してき...
公認会計士
税理士
宅地建物取引士
中小企業から大企業まで組織力による幅広いサポートが可能です。
2010年に独立後、これまでに中小企業から大企業まで幅広い業務を提供して参りました。弊社は業務範囲を明確にすることや、不要なサービスを削減す...
弁護士
個人・法人を問わず,様々な事件を取り扱っております。 お気軽にご相談ください。
東京弁護士会所属奧野総合法律事務所・外国法共同事業所属平成18年10月の弁護士登録以来,企業法務,再生・倒産事件(任意整...
公認会計士
税理士
中小企業を中心に会社のことから個人のことまで税金を中心に取り扱っています。お気軽にご相談ください
平成14年に公認会計士2次試験合格、その後大手監査法人にて約5年にわたり監査業務を行ってきました。その後都内の100名規模の税理士法人...
公認会計士
税理士
税理士法人矢崎会計事務所
東京都 練馬区旭丘1-67-2
行政書士
弊所では、長年培ってきた経理会計事務を通じて多くの方がお悩みの、事業における経理と諸々の事務に関するお手伝いを致します。
弁護士
法務面のみならず、多角的視点からの総合的・大局的判断、専門家との協働、迅速かつ柔軟な対応に努めてまいります。
事業再生・事業清算を専門の一つとしております。事業再生・倒産法務の第一人者である小林信明弁護士や、事業再生支援を目的として設立された国...
中小企業診断士
漠然とした緩い相談とセカンドオピニオン向きです。
政府系金融機関で勤務し、政府系の再生ファンド/VC、私的整理全国組織を経て、 経営者/経営陣とのディスカションを前提とした総合研究所を続けておりま...
公認会計士
医療法人を中心に、財務管理、経理体制見直し、計画策定支援、会計監査などにより事業価値の向上に寄与します。お気軽にご相談ください。
前職にて、多くの企業、特に医療法人の再生に関与し、いかにして法人が立ち直るのかを目の当たりにしてきました。組織は、人の集合体ですので、経営者...
税理士
ファイナンシャル・プランニング技能士