与信調査の無料相談

企業が新たな仕入先や販売先と取引を行う場合には、その相手方の与信調査行っておくことは非常に大切なことです。取引規模に応じて調査、確認すべき内容は変わってくるのが一般的です。自社の状況に応じてどのような内容を調査すべきか、あるいは調査の方法についてお悩みがあれば、まずは「みんなの相談広場」を通じて解決のヒントを見つけていきましょう。

みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

2018年04月11日 23時13分(匿名さんの相談)

当社の販売先の属性を確認したいと思っております。確認方法について教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年07月13日 12時45分(きびさんの相談)

少し前に取引先からの納品が遅滞してしまった出来事がありました。色々な説明をされていましたがどうも資金繰りが一時的に窮する状況であった模様です。これを契機に当社においては取引先の信用を調査することを義務付ける方向になります。ネットで調べてみると信用調査会社からのデータ取得等の記載がありますが、とてもじゃないですが、全ての取引先のデータ取得には事務的にも金銭的にも厳しそうです。。そこで取引先の調...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月22日 14時31分(匿名さんの相談)

当社が貸付を行っているとある会社の業況確認をしなければならなくなりました。特に資本関係はないのですが、多額の貸付を行っているという理由で決算書の開示を求めることは権利として発生しませんでしょうか。請求できる場合にはその根拠法のようなものもご教示頂ければなおありがたいです。

よろしくお願い致します。

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月15日 21時29分(匿名さんの相談)

とある会社(対象会社)に物品を販売しておりますが、最近、対象会社に信用不安が生じているという噂があります。対象会社の財務状況の確認をしたいと思っておりまして、調べた挙句に会社法442条3項の条文があることを知りました。この条文によると債権者は対象会社の計算書類等の閲覧請求が可能とあります。ここでいう債権者とは当社のような会社も債権者として閲覧請求が可能になりますか。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

このカテゴリーで活躍中の士業・コンサルタント

公認会計士
税理士
ファイナンシャル・プランニング技能士
東京都
★★★社会福祉法人・学校法人・公益法人・医療法人・国会議員関係政治団体などの非営利分野を得意とする会計事務所です★★★
※...
米国公認会計士
経営コンサルタント
財務コンサルタント
東京都
財務戦略から経営戦略の立案、運用までクライアントにとって最善のコンサルティングサービスを提供しております。
財務戦略については資金調達計画から財務リストラクチャリングまで財務全般のコンサルティングサービスを提供しております。コンサルティングサ...
弁護士
香川県
【座右の銘】信用は無形の財産 必要とされる弁護士となれるよう日々精進します
香川県弁護士会所属善通寺法律事務所
弁護士
東京都
説明がわかりやすく、話しやすく相談しやすい、経験24年の弁護士
弁護士経験24年目です。弁護士もサービス業の1つと考え、依頼者に、事件の見込み、方針、費用などを簡潔にわかりやすく説...