資本金の無料相談

会社設立時にまず最初に決定しなければならない項目の一つが資本金です。資本金とは会社が調達する資金のうち返済が不要となるものです。資本金と対比する調達方法としては借入金があります。借入金は将来的に返済が必要となる資金になります。会社設立当初は、通常、売上高も不安定な状況が想定されますので借入金よりも資本金で資金を調達する方が安全です。不安定な状況下での借入金の返済負担は、経営にとって相当な重荷です。資本金の水準は、計画する事業計画に基づいて決定するのが望ましいです。資本金の決定、いいかえればどの程度の自己資金が必要になるのか等、ちょっとした不安があれば、「みんなの相談広場」で相談をしてみましょう。

資本金の基礎知識

  1. 1. 会社設立時の資本金
みんなの相談広場へ相談を投稿する(無料)

※相談投稿だけではなく、解決のアドバイス投稿も無料で行えます。

※投稿にはログインと会員登録が必要です。会員登録は約30秒で完了します。

2018年01月15日 19時53分(匿名さんの相談)

自らの事業を会社を立ち上げた経験のある実務家の方にお聞きしたいのですが、資本金の決定は実際どのような感じで決定していきましたでしょうか。実際に設立後に資本金の多寡で苦労された経験等ありましたらざっくばらんに教えて頂ければ幸いです。
当方、これから会社設立を検討している者でですが、何分周りに会社立ち上げ経験者がおらず、インターネット等で色々調べるぐらいしかできずに、経験者の生の声が聞きたかっ...

5件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年03月14日 04時35分(匿名さんの相談)

サラリーマンを退職して起業を考えていて、本格的な準備をすすめています。色々と将来的なことも考えて株式会社での設立を検討しています。
そこで一つお尋ねがあります。資本金の入金タイミングですが、これは定款作成前後、定款認証前後、いずれで行う必要があるのでしょうか。ネット等を見ると色々と説明があり少し困惑しています。会社登記申請時に資本金の入金タイミングを理由に受理されないのは困るので、早めにこ...

3件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
2018年05月13日 21時04分(匿名さんの相談)

美容師として近い将来独立を考えています。ただ、そこまで貯金があるわけでもないため親族や一部の知人に掛け合い資金を確保する予定でした。しかし、内装やらシャンプーやら。。細かいものを事前にリストアップしてくるとお金がたりない状況です。。どのようにすればいいでしょうか。

5件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2018年08月13日 20時53分(匿名さんの相談)

現在、資本金が1億円を超えているのですが、決算日よりも前に減資手続きを行い資本金が1億円以下になる予定です。
税務上の中小企業者の定義の中に「資本金または出資金額が1億円以下」とあります。決算日よりも前に減資手続きを行った場合には中小企業者として確定申告手続を行えば宜しいのでしょうか。例えば、今期に30万円未満の少額減価償却資産を取得した時点では資本金は1億円を超えていたものの、決算日には...

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年08月31日 08時56分(匿名さんの相談)

当社は飲食業ですが、資本金はそれ程大きくありません。最近では赤字が続き、必要資金は社長、あるいはその他役員からの借入金で賄っています。今後の決算対応(出来上がりの決算書の自己資本が極めて小さくなってしまうためそれを回避)というところもありますが、この社長借入金・役員借入金を資本に組み入れる、あるいは債務免除を受ける、等はこの目的にかなうものなのでしょうか。留意点についてご指導頂けますと幸いです。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年09月11日 17時49分(匿名さんの相談)

年明けに会社の立ち上げを計画しています。立ち上げ資金は300万円程度を想定していますが、この全てを資本金として計上しなくてもいい、ということを知りました。資本金にならない部分、いわゆる資本準備金としてはいくらが妥当なのでしょうか。資本金と資本準備金の基本的な理解が不十分なところの質問で恐縮ですが、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2018年10月15日 13時15分(匿名さんの相談)

年明けに都内で起業を予定しています。資本金をどの程度にしようか検討を始めています。税金のコスト(消費税・住民税)の観点から資本金は1000万円未満が望ましい、といった記事を見かけます。その理由は、消費税がかからない、住民税が安くなる、等との理由が目につきます。住民税が安くなる、というのは理解ができたのですが、消費税がかからない、というのはどのようなことになるのでしょうか。会社を設立して、例え...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年01月10日 08時02分(T.Fさんの相談)

今年に起業予定です。まずは自己資金500万円程で事業立ち上げに必要な備品や設備、広告宣伝等の経費に使う予定です。会社登記に資本金を申請しなければならないかと思いますが、この自己資金500万円全てを資本金として申請してもいいし、一部を資本準備金としてとっておくこともできると聞きました。仮に一部を資本準備金とする場合、口座を別々にして事業に必要な経費等には使うことはできない性質になるのでしょうか...

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年02月25日 12時08分(S.Sさんの相談)

資本金を減少させる場合に、知れたる債権者への個別催告と官報公告が必要と聞いております。ただ、当社の直前取引においては債権者はいないため知れたる債権者への個別催告ができません。この場合には官報公告を行うことでいいのでしょうか?

0件の書き込み
2019年03月04日 21時54分(Askさんの相談)

今年度に設備資金の必要性から増資を予定しています。現在資本金は1億円ですがこの増資により資本金が5億円以上となり大会社になってしまいます。いわゆる大会社監査(会計監査人)が必要になると聞いていますが、仮に増資後、早々に減資を行い資本金を1億円にした場合には大会社監査は回避できますか?アドバイスをお願いします。

2件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年03月20日 21時18分(KINGさんの相談)

自己資金100万円程を用いて会社を立ち上げます。その際の資本金の決め方についてアドバイスを頂戴できませんでしょうか。例えば少し極端な案になりますが、以下のようなパターンについてコメント頂ければ幸いです。
<パターン1>全額資本金100万円
<パターン2>資本金50万円、資本準備金50万円
<パターン3>資本金1円、役員借入金99万円

よろしくお願いいたします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
2019年04月07日 16時38分(T.Tさんの相談)

起業したばかりでして初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願い致します。
全額資本金で会社を立ち上げましたが、一部を借入金としたいのです。役員と株主は小職のみですので、実質的には特段手続きは不要でしょうか?

1件の書き込み/ 1名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年06月06日 18時00分(kaoさんの相談)

脱サラをし、会社経営を始めました。資本金は当初50万円で定款の附則という項目に記載しましたが、設立登記のタイミングで、更に設立資金が必要と判断し、追加で50万円を拠出しました。この場合の50万円は「資本金」として処理するのでしょうか?あるいは「資本準備金」として処理するのでしょうか。経理知識が不足していて初歩的なご質問で恐縮ですが、どうかご教授の程よろしくお願いいたします。

3件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります
2019年07月01日 15時28分(K.Tさんの相談)

設備投資を目的にスポンサーからの資金受け入れを検討しております。スポンサーからは数億円規模での調達になりそうで、それを受けると税務上の中小企業者ではなくなったり、監査法人の監査も必要になる可能性もあります。従い、現在、スポンサーからの出資受け入れ(増資)決議と同時に、増額する資本金と同額の減資決議も検討しています。これは一般的でしょうか。留意すべきところがあればご教授をお願い申し上げます。

4件の書き込み/ 2名の士業・コンサルタントが回答
ベストアンサーがあります

このカテゴリーで活躍中の士業・コンサルタント

公認会計士
税理士
ファイナンシャル・プランニング技能士
東京都
★★★社会福祉法人・学校法人・公益法人・医療法人などの非営利分野を得意とする会計事務所です!★★★
若さとフットワークの軽さを持ち味に夫婦で運営しています!◆フリーランスや個人事業主の方から中小企業まで、事業の持続的な発展のため「縁の...
米国公認会計士
経営コンサルタント
財務コンサルタント
東京都
財務戦略から経営戦略の立案、運用までクライアントにとって最善のコンサルティングサービスを提供しております。
財務戦略については資金調達計画から財務リストラクチャリングまで財務全般のコンサルティングサービスを提供しております。コンサルティングサ...
行政書士
大阪府
高い専門性を提供していく事をコンセプトに活動しています。一人で悩まずご相談ください。出張無料相談受付しております。
はじめまして、行政書士の明石 勝です。身近な街の法律家として、関西、大阪を中心に活動しております。業務に関しましては、①相続...
行政書士
財務コンサルタント
東京都
証券会社出身の国際行政書士。 外国人の方の在留資格(ビザ)申請手続きと財務コンサルティングを掛け合わせたサービスをしています
当事務所は、外国人の方が日本で在留資格(ビザ)を取得するためのイミグレーション・コンサルティングと事業成功のための事業計画書作成や資金調達などの財務...
弁護士
香川県
【座右の銘】信用は無形の財産 必要とされる弁護士となれるよう日々精進します
香川県弁護士会所属善通寺法律事務所
税理士
熊本県
会社設立、農業、介護の事業お手伝いをさせてください!
私は、会計事務所に20年弱勤務したのち、税理士資格取得の上、独立開業の道をたどりました。特に経営分析には多少なりとも自信はあります。
税理士
愛知県
会社設立・確定申告等税務に関することは当所にお任せ下さい。
中野税務会計事務所 代表税理士 中野です。税務に関するご相談がありましたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。
中野税務会計事務所
愛知県 名古屋市中区大須2-9-33
税理士
行政書士
東京都
起業する方の支援に力を入れている事務所です
起業する方を全力で応援しています。創業融資、会社設立、経費になるものならないもの、会社を辞める前にした方がいいことなど起業を思い立たれたとき...
公認会計士
税理士
行政書士
東京都
当事務所では、中小企業の経営者へのサポートを積極的に行っております。 税金対策から経営相談まで幅広く経営者の皆様の応援いたします。
港区赤坂の税理士、田中雅明です。青山一丁目から徒歩5分とアクセスにも便利! 田中税務会計事務所では主に東京都を中...
税理士
兵庫県
知的野生人間、知的野生企業を目指す、フットワークの軽い納税者の立場になって考える税理士です。
税理士
経営コンサルティングに力を入れた税理士です。 売上拡大、資金繰り、IT等に課題を感じている経営者さま、是非一度ご相談ください。
公認会計士
税理士
東京都
私たちは、クラウド会計を活用したベンチャー企業支援に特化した渋谷の会計事務所です クラウド会計freeeの5つ星アドバイザーです!
私たちは、クラウド会計を活用したベンチャー企業支援に特化した渋谷の会計事務所ですこれまでのクラウド会計の導入実績は150社超、全国第...
公認会計士
税理士
大阪府
コミュニケーションを大切にする会計事務所
こんにちは。公認会計士・税理士の田畑雄平です。会計・税務業務から内部統制構築支援や...
大阪府 松原市上田2丁目2番17号
公認会計士
税理士
不動産鑑定士
東京都
会計・税務に最も強い不動産鑑定士です。
全国42都道府県(香川・高知・滋賀・佐賀・島根以外)の190以上の市町村で不動産鑑定業務の経験あり。民事再生関連の鑑定評価、M&A関連...
司法書士
宅地建物取引士
東京都
個人・法人を問わず,様々な事件を取り扱っております。お気軽にご相談ください。
1976年生まれ、埼玉県出身。2004年司法書士試験合格後、不動産コンサルタント会社へ入社。コンサルタント会社と連携し司法書士法人立ち...
弁護士
公認会計士
東京都
企業での管理部門(法務・財務・税務)経験を活かした経営者に寄り添ったサービス提供をモットーとしています
大手監査法人にて7年間M&A支援等のサービスを、企業再建を得意とする法律事務所および政府系事業再生ファンドにて7年間企業再建支援サービスを提供してき...