岡本おかもと智之さとし

弁理士
得意領域

ご挨拶

  知的財産権の取得は(目的ではなく)「手段」です。ここで「手段」とは「如何に経営・
 事業に寄与させるか?」です。すなわち、「知財経営」です。
  中小・ベンチャー企業が「大企業の下請け」に甘受せず、対等に対峙し、「共存共栄」
 そして「凌駕」していくためには、「(戦略的な)知財武装化(権利取得×ノウハウ保護)」が
 有効に機能します。
  もっとも、知的財産権の取得および維持には「費用」が発生します。この「費用」に
 見合う「効果」を期待できるか否かを見極めることも大事です。
  当所は、常に「費用 対 効果」を意識し、皆様のご負担を最小限にしつつ、最大限、
 事業に貢献できる選択肢を模索し、ご提案することに努めます。これまでの知財経営戦略
 マネジメントの経験・知見を活かし、中小・ベンチャー企業・個人事業主の皆様が顕在的・
 潜在的にお持ちの知財関連課題を「まるごと」支援いたします。
  当所をご利用頂き、知財経営を通して皆様が益々ご発展なされれば望外の喜びです。

                                  所長 岡本智之
                         https://www.okamoto-pat.com

事務所概要・取扱業務

 ① 当所は、「訪問型」支援をいたします。お客様ご指定の場所(お仕事場)にご訪問し、
  現場の生の声を伺い、課題分析から親身・丁寧かつ高度にご支援いたします。
 ② 出願権利化という弁理士の古典的業務に加えて、企業知財経営戦略マネジメントに
  関する豊富な経験・知見を活かし、
   ・知財経営課題の抽出・分析・改善推進
   ・知財経営戦略(特許戦略・デザイン戦略・ブランド戦略など)の策定・推進
   ・戦略に基づく知的財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)の取得・活用
   ・戦略に基づく営業秘密(ノウハウ)の保護
   ・知財関連規程・知財関連契約(雛形)の整備
   ・模倣品対策・ライセンス交渉
   ・知財の啓蒙・教育(テキスト作成・セミナー講師など)
  などの「知財まるごと」業務について、「社外(特許事務所)の視点」からではなく、
  社内(知財部門)の視点」からご支援いたします。

  ※クライアント様が既にお取引されている特許事務所様の監督・指導も承っています。

活動内容など

【所属学会】
  2016年04月~2018年03月  一般社団法人日本知財学会
  2018年06月~現在      日本工業所有権法学会

【委員会】
  2009年04月~2011年03月  日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会 委員
  2012年04月~2014年03月  日本弁理士会近畿支部 知財立国サポート委員会 委員
  2013年10月~2015年02月  日本商標協会 ブランドマネジメント委員会 委員
  2017年04月~2018年03月  日本弁理士会 知的財産経営センター 運営委員
  2017年04月~2019年03月  日本弁理士会 近畿支部 知財普及・支援委員会 委員
  2017年04月~2019年03月  日本弁理士会 近畿支部 兵庫地区会 運営委員

【講演・講義】
  2009年04月~現在  日本弁理士会主催『知財(出前)授業』(2020年3月末現在の実績:小中高18校)
  2012年12月     日本弁理士会主催『中小企業向け知財戦略セミナー「特許侵害判断演習」』
  2017年09月     大阪府商工労働部主催『知財活用のコツ:ノウハウ保護を中心に』
  2017年11月     日本弁理士会主催『ここだけは押さえておきたい知的財産のイロハ』
  2018年09月     八尾商工会議所主催『中小企業が大企業とわたりあう知財活用のコツ』
  2018年11月     大阪府産業デザインセンター主催『「知財戦略」と「知財権の行使」』
  2016年10月     立命館大学オープンセミナー『弁理士試験と弁理士の仕事について』
  2017年12月     大阪経済大学『知的財産法Ⅰ:特許権の効力と特許権の侵害』(招聘講座)
  2019年度(前期)    京都先端科学技術大学 経済経営学部『知的財産』(全学共通科目)
  ※その他、社内セミナー多数

【著書・論文】
  ① 著書(単著)
   ・商標パロディの権利-“成功した”パロディは「芸術作品」であり,「伝統文化」である!-(アスパラ出版)
  ② 論文(単著・査読付き)
   ・出願商標の「構成態様の選択」           月刊パテント誌Vol.70,No.2
   ・中国における商標的使用等の一考察         IPマネジメントレビュー誌24号
   ・著作物の違法コピー対応がもたらす弊害の考察    月刊パテント誌Vol.70,No.3
   ・商標法3条1項3号該非判断の概観         月刊パテント誌Vol.70,No.4
   ・商標法3条1項6号審査基準改訂の考察       月刊パテント誌Vol.70,No.5
   ・商標法第68条の37に対する一考察        月刊パテント誌Vol.70,No.7
   ・活用しやすい立体商標制度への一考察        月刊パテント誌Vol.70,No.10
   ・企業の知財部門のあり方についての一意見      月刊パテント誌Vol.70,No.12
   ・ソフトウエア業界における意匠権の活用       月刊パテント誌Vol.70,No.13
   ・判例評釈「登録商標使用の抗弁」          日本知財学会誌Vol.14,No.2
   ・判例評釈「商標法4条1項8号の「他人」について」 月刊パテント誌Vol.71,No.3
   ・平成27年「職務発明制度」改正についての一考察  月刊パテント誌Vol.71,No.6
   ・発明者名誉権についての一考察           月刊パテント誌Vol.71,No.8
   ・ライセンス契約違反の法的取り扱いに関する一考察  月刊パテント誌Vol.71,No.10

プロフィール

資格名弁理士(15649)
所属会日本弁理士会・知的財産管理技能士会
事務所名
住所兵庫県 尼崎市南武庫之荘2-18-8
最寄り駅
TEL090-5064-4350
FAX06-7501-9228
受付時間
備考
URL
対応地域

以下のURLをご参照願います。

https://www.okamoto-pat.com/ryoukin