加藤かとうみのる

弁理士
得意領域

知的財産には、効果的に使いこなすことで、企業のビジネスを発展させる強力なツールとなり得るポテンシャルがあります。競争環境の厳しい時代だからこそ、企業は成長のための投資として知財に十分な関心を払う必要があるといえます。知財に関わる課題解決には高度の専門性を要することも少なくありません。企業ごとに最適化された知財体制を構築するためには、社内の知財担当者を社外の知財専門家が適切にサポートすることが重要です。
本事務所は、長年の知財実務経験を有する弁理士・加藤実が、社外専門家として幅広いクライアント様に知財のサービスを提供し、ビジネスの発展に役立てていただきたいとの願いをもって開設しました。小規模事務所ならではの柔軟性と機動性を発揮して、個々のクライアント様の要望にカスタマイズした形で、最適な知財ソリューションを実現したい、その想いを「”カスタマイズされた”良質な知財サービスを提供します」とのフレーズに表現しています https://k-paf.com

活動内容など

学位 農学修士(農芸化学)、修士(経営法)

略歴(抄)
 1991- 食品系化学企業から特許事務所に転職。国内外の特許出願・権利化・異議申立・無効審判・審決取消訴訟・侵害訴訟等を担当。以降、一貫して知財実務に従事。
 1995 弁理士登録(登録番号10760)
 2000- 日用品系化学企業の知財部門に転職。企業マネジメントの立場から知財戦略の策定と遂行、知財権の管理・活用を主導。知財センター長、知財主幹等を歴任。
 2005 特定侵害訴訟代理業務付記登録
 2019- 加藤弁理士事務所を開業

外部活動(抄)
 2016-2018 日本知的財産協会 常務理事
 2019- 知的財産研究教育財団 上席研究員(非常勤)
 2021- AIPPI本部委員会(Standing Committee)メンバー

講演・執筆(抄)
 2019  AIPPI・JAPAN『月報A.I.P.P.I.』誌(同年2月号)に「特許法36条6項2号の明確性要件の意義・解釈について」を寄稿
 2019  技術情報協会発行『コスメティックステージ』誌(同年6月号)に「化粧品企業における知財戦略と知財管理の在り方」を寄稿
 2021  書籍『経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法』(技術情報協会)に「適切な知財コストの考え方と保有特許の権利維持・放棄の決め方」を寄稿
 2021  World Intellectual Property Forum (WIPF)にビデオ参加で講義(演題:”Protection of chemical/biotech inventions in Japan with a comparative view”)



プロフィール

資格名弁理士(10760)
所属会日本弁理士会、国際知的財産保護協会(AIPPI)
事務所名
住所東京都 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル3階320
最寄り駅
TEL03-3525-8357
FAX03-6684-1159
受付時間
備考
URL
対応地域