弁理士

森田もりた義則よしのり

世界を変えたいと思うあなたのアイデアに共感し、そのアイデアを実現可能にする。 ムダのない申請・権利化で、一件入魂!!
お問い合わせ

事務所ホーページは、https://morita-ip.com からご覧頂けます。



私と知財

特許スマート申請サービスセンターを運営する弁理士森田義則です。

旧米国特許商標庁に掲げられている有名な言葉
私が知財の分野に入ったのは、ビジネスモデル特許が最初に流行った平成8年(1996年)10月。
ソフトウェア関連発明に関する審査基準もなく、プログラムそのものも法律で保護されていないころでした(国により異なりますが、日本では今は認められています)。
日本国の申請実務・審査実務を習得。しかし、外国では日本国の通りに進まないことを経験し、試行錯誤を重ねて来ました。
お客様によっては、申請だけしてほしいという方、開発現場をみてほしいという方、さらには自社の知財関連全てお願いするという方もいらっしゃいます。
その中で、とても気になっていることがありました。

            

念入りな打合せ

個別相談 ミーティング

特許申請を扱う、通常の事務所では、ただ単にお客様の言われた通りに書類を作成し、もっとも広く権利がとれればよいということが多いようです。
でも、同じような権利を沢山申請しても、それによる収益は得られません。
少し専門的な話をしますと、方法のクレームと、商品のクレームとを別々に記載する必要があるかです。
日本国では別々に請求してもあまり問題とはなりませんが、ヨーロッパや米国では必ず一つの手間がかかります。

            

申請という結果だけではなく、技術を形にすすこと

お客様の製品・サービスの一部をまとめて申請します。それは、丁度、海に浮かぶ氷山の一角です。しかし、海の下には、その何倍もの技術やサービスが隠れています。申請に際しては最も見える部分と見えない部分とに分けて、他人にまねされやすい部分を中心に保護するけども、その下には見えない大きな部分も整理することができます。

申請の仕方には、いろいろありますが、できるだけシンプルな提案をします。
そうすることが、無駄がなく、ミスも少ないです。


特許証


長州(山口)出身、東京在住
理系大学院を出た後、これまでの経験を行かせる道はないのかと真剣に悩み、技術に関わりたいという願望から、科学技術立国が叫ばれる当時、理系の弁護士と呼ばれた、特許弁理士を目指し、弁理士になった。
お客さんからは、特許法は読んでもよく分からないし、申請書類を見てもよく分からないと聞きます。
申請前の手間よりも申請後の権利化までの途中の手間の方が大幅に手間もコストもかかることを認識。底なし沼にお金を放り込むようなコストと時間だけが掛かってしまう。何か理由はあるはずだと確信し、情報源の大元をたぐり沢山の情報を入手、いろんな考え方の中から、そのお客様の状況に沿ったご提案を心がけます。申請の仕方によっては何の障壁なく、何と1発で特許になることができることもできます。

あなたのアイデアを活かすも殺すも、申請の仕方、申請書への入魂で決まります。特許取得できないなら、申請すらおすすめしない。ムダを排除し、一発権利化を目指します。

特許業務20年、主要5大国(日本国、米国、欧州、中国、韓国)・台湾での実務経験。登録証明と米国での研修

100件以上のアイデアをゼロから形にする。

日本国特許取得率(ゼロから権利化まで自分のみ)平均65%を大幅に超えて90%超。

分野(電子・ソフトウェア・材料・機械など横断的に複数分野に対応)

米国特許弁護士主催、ワシントンDCでのセミナ出席。

新入社員向け、知財セミナ講師

書面作成のみならず、開発業務中の知財掘り起こし。契約関係のご相談など。

            

事務名森田知的財産事務所
所在地〒164-0012 東京都中野区本町4-44-13 西京城西ビル2階8号室
TEL03ー4400ー1445
FAX03-4243-2154
HPhttps://morita-ip.com
e-mailinfo@morita-ip.com
代表者弁理士 森田義則(もりたよしのり)
事業内容特許申請前のコンサル
特許・商標の申請・権利化
日本国と外国で一気通貫した権利化業務
知財契約等のコンサル

 

          


活動内容など

2018年4月~ 日本弁理士会 関東支部常設無料相談室運営委員会副委員長
2017年4月~ 日本弁理士会 関東支部常設無料相談室相談員
2017年度   日本弁理士会 貿易円滑化対策委員会委員

得意領域

設立・運営
助成金/制度融資
契約・取引
ライセンス契約、特許・知財・権利
まだブログが投稿されていません
2018年04月22日 05時16分(匿名さんの相談)

これから商標登録事務を進めていく予定です。
商標登録完了までに通常どの程度期間を要するものでしょうか。

商標の申請・登録について自己判断で大丈夫?
個別の案件については、弁理士には守秘義務がありますので、具体的にはお出しすることは出来ませんが、少しだけ。商標(商品・サービス名)は、以下の①~③の条件をクリアして、お金を支払えば登録することができます。① 商品・サービス名が、その商品・サービスを示すのに通常使用されている...
2018年11月09日 12時46分
まだイベントが登録されていません

特許申請・商標申請・意匠申請とそれらの権利化までの費用に関し、
日本弁理士会において一律の料金規定はございません。

すべて、お客様と弁理士との間での合意に基づいて定められます。

一方、特許庁に支払う費用(通常、特許印紙と呼ばれます。)は、法律で定められており、どこの弁理士に依頼してもまたご自身でなされても、代わりません。

以下は、弁理士森田義則との間での、申請・権利化までの費用の概算をご提示します。

①特許申請:内容・ボリュームに依存しますが、だいたい申請の債には、25万円~35万円(特許庁印紙代1.4万円、消費税を除く)

特に、中小企業・個人事業主さまの申請・権利化に関しては、事務所料金表で対応しますので、ご相談下さい。

②商標申請前のコンサルティング:マーク、商品・サービスメニューのご相談に関し、2万円以上(消費税除く)。

③商標申請:②を前提に1区分当たり1万円以内(特許庁印紙代1.2万円、消費税を除く)。

④商標登録:③を前提に2万円(特許庁印紙代・消費税別)

その他、サービスについては個別にご相談下さい。